お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
この夏に上場する新商品「ETN」の魅力と注意点とは?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

この夏に上場する新商品「ETN」の魅力と注意点とは?

2011/6/30
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

ETNを使えばさまざまなものを投資対象にできる

今年の夏、東京証券取引所に新たに「ETN(イー・ティー・エヌ)」という商品が上場するのをご存知でしょうか。

ETNとは「Exchange Traded Note」の略で、「上場投資証券」または「指標連動証券」と呼ばれる上場商品です(東京証券取引所ホームページより引用)。

ETNはおなじみのETF(イー・ティー・エフ)と一文字違いであることからも想像できるように、ETFに似た商品です。売買方法や税金の取扱い、信用取引ができる点などもETFと基本的に同じ(ひいては個別銘柄とも同じ)です。

しかし以下の通り、ETNはETFとは異なる特徴を持っています。

ETNの「N」は「Note(=債券)」のことを指しています。そのためETNはETFと異なり、現物資産を持たず、特定の指標等に価格が連動するよう発行体が設計し、発行した債券を投資対象とします。

そのため、現物資産への投資が難しいようなもの、例えばレアメタルとか農産物、ヘッジファンド指数などであってもETNなら組成が可能です。

また、ETFで問題になるトラッキング・エラー(ETF自体の価格とETFが投資対象とする現物の指数・指標とに乖離が生じてしまうこと。例えば金価格が1,400円であるのにETFの価格が1,380円や1,420円になってしまうこと。)がETNでは生じません。これがETNのメリットの1つです。

さらに、ETNは現物資産への投資を行いませんので、発行側の管理・運用コストを低く抑えることができ、投資家が支払うコストも少なく済むことが期待されます。

ETN最大の注意点「信用リスク」

一方、ETNへの投資に際しての最大の注意点が「信用リスク」です。ETNはETFのように現物資産へ投資するのではありません。指数・指標等に価格が連動する債券に投資します。

そのため、その債券の発行体の経営状況が悪化したり、破たんした場合は、ETNが投資対象とする指数・指標の価格に関係なく、ETN自体の価格が大きく値下がりする可能性があります。

例えば、ある指数に連動するETNの価格が10,000円のときに投資したとしましょう。もしその後指数が5倍の50,000円になったとしても、ETNが投資する債券の発行体が破たんしてしまえば、ETNの価格は50,000円ではなく、ゼロに近い価格になってしまう恐れもあるのです。

信用リスクを考慮した投資ルールの設定を

この「信用リスク」があるため、証券取引所もETNの発行体に対しては、財務基準をはじめさまざまな基準を設け、それをクリアーしたところでないとETNを発行できないことになっています。

しかしながら、リーマン・ショックの例をみても分かる通り、誰もが「まさか破たんするはずがない」と思っている金融機関でさえ、破たんする可能性はゼロではありません。

したがって、ETNへ投資する際には、発行体の信用リスクへの対策を十分に立てておくべきと筆者は考えます。

例えば、(1)投資可能資金全体に対するETNへの投資割合は30%以内とする、(2)まとまった資金をETNへ投資する場合、単一のETNに集中して投資するのではなく、最低でも数銘柄に資金を分散して投資する、(3)ETNへの投資は1つの発行体につき投資可能資金の5%を限度とする(その際、銘柄の異なるETNであっても同一の発行体であるものは合算して考える)、といったようにです。

実は、ETFの中にも、現物資産を持たず、価格が指数に連動するよう設計された債券を投資対象とするものがいくつかあります。それらは実質的にはETNであるといえ、同じような信用リスクが存在しますから同様に注意が必要です。該当するETFは、各証券取引所のホームページなどで確認するようにしてください。

筆者が希望するのはこんなETN

個人的には、VIX指数に連動するタイプのETNがあれば、信用リスクに十分注意のうえ投資するのは面白いと思っています。

以前、第74回コラムにてVIX短期先物指数に連動するETFについてご紹介しましたが、VIX短期先物指数自体が時間の経過とともに減価していき、長期保有には向かないと説明しました。

しかし、VIX指数は時間が経過しても減価しないので、VIX指数が低い時(株価が上昇基調だったり株価の動きが穏やかな時)にVIX指数に連動するETNを買っておけば、将来株価が急落した際にVIX指数の上昇によって持ち株のリスクヘッジができるからです。

また、VIX指数は比較的頻繁に上下し、株価のように長期的に一方向へ上昇もしくは下落することはありませんから、安い時に買い、高くなったら売る、というシンプルな投資戦略が通用しそうな気もします。

具体的にどんな商品が上場するのかはまだ不明ですが、今後の動きに注目しておきましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいこの夏に上場する新商品「ETN」の魅力と注意点とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

この夏に上場する新商品「ETN」の魅力と注意点とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。