facebook twitter
膠着相場での個別銘柄ごとの投資戦略・実践編
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

膠着相場での個別銘柄ごとの投資戦略・実践編

2011/6/16
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

膠着相場では銘柄選びとその後の投資行動がカギ

3月11日の大震災による急落のあとのリバウンドを経て、日経平均株価は若干下落含みの膠着相場という状況です。

しかし、個別銘柄に目を転じれば、銘柄によって本当に株価の動きがまちまちであることに気がつきます。

大局的な上昇相場では、ほとんどの銘柄が上昇しますから、極端な話、株さえ保有していれば利益を得ることができます。一方、大局的な下落相場では、ほとんどの銘柄が下落するため、下降トレンドが続く限り手を出さない、という戦略がとれます。このような相場環境では対応策がはっきりしている分、手がけやすいといえます。

ところが、日経平均株価が上にも下にも行かない横ばい・膠着相場では、どの銘柄へ投資するかによって投資成績が雲泥の差となってしまいます。

そこで今回は、各個別銘柄ごとに、筆者であればどのような投資戦略をたてるかをご紹介したいと思います。

上昇トレンドが続く限りは保有で問題なし

まず、ウエストホールディングス(1407)のチャートを見てみましょう(日足。以下も同様)。3月下旬に上昇トレンド入り(株価が25日移動平均線より上+25日移動平均線自体が上昇)してからは、25日移動平均線はずっと上昇していますから、基本的に保有を続けて問題ないといえます。5月中旬に株価が移動平均線を下回ったときがありましたが、慎重を期す場合はその時点で一旦売却し、その後再び上昇トレンドの2要件を確認できた段階で買い直せばよいでしょう。

最も望ましい買いタイミングは、株価が上昇トレンド入りした直後です。でも、上昇トレンドにある限りはいつ買っても間違いではありません。上昇トレンド途中で買う場合はできるだけ押し目買いを心がけましょう。

ウエストホールディングス(1407)の日足チャート


(出所:楽天証券マーケットスピード)

上昇トレンド終焉はとりあえず一旦売却が吉

次に、日本風力開発(2766)です。ウエストホールディングスと同様、3月下旬に上昇トレンド入りしましたが、5月下旬に株価が25日移動平均線を割り込み、その後下降トレンドに転換してしまっています。

上昇トレンドの間は買って保有してよいものの、株価が25日移動平均線を割り込んだ時点で売却(損切り含む)をすべきです。株価と25日移動平均線との乖離が大きな場合は、株価が5日移動平均線を割りこんだ5月中旬に持ち株の一部または全部を売却するのも一法です。

日本風力開発(2766)の日足チャート


(出所:楽天証券マーケットスピード)

下降トレンド継続銘柄は買い見送り

ソニー(6758)のチャートをご覧下さい。上記2銘柄とは対照的に、一貫して下降トレンド(株価が25日移動平均線の下方にあり、25日移動平均線自体も下落)にあることがお分かりいただけるでしょうか。こうした株価の動きをしている時に中途半端なタイミングで手を出すと、あっという間に損失が膨らんでしまいます。このような銘柄は下降トレンドが続く限り買いは見送り、上昇トレンドへの転換を待ってから買い出動するのがセオリーです。

ソニー(6758)の日足チャート


(出所:楽天証券マーケットスピード)

下降トレンド終了の可能性がみえてきたら要注目

最後にマネックスグループ(8698)をみてみましょう。これもソニー同様下降トレンドが続いていますが、5月下旬になり株価が25日移動平均線の上方に顔を出すなど、変化の兆しも伺えます。現時点では上昇トレンド入りには至っていないため、買いタイミングとはなりませんが、近いうちに上昇トレンド入りする可能性も考えられるため、継続的にウォッチしていくことが重要です。

マネックスグループ(8698)の日足チャート


(出所:楽天証券マーケットスピード)

このように膠着相場では、各個別銘柄ごとに株価のトレンドを注視して投資戦略をたてていくことが重要です。

本コラム中の各個別銘柄に関する記述は2011年6月10日時点のものです。また各個別銘柄に対する記述は筆者が株価チャートおよび移動平均線の動向から個人的に述べているものに過ぎず、読者の方等に対して各銘柄に対する売買の推奨もしくは非推奨を行っているものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください膠着相場での個別銘柄ごとの投資戦略・実践編

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

膠着相場での個別銘柄ごとの投資戦略・実践編

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。