facebook twitter
バーチャルトレードの功罪と実戦の重要性
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

バーチャルトレードの功罪と実戦の重要性

2010/7/1
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

バーチャルトレードの効用は

株式取引やFX取引に興味や関心があっても、いざ始めようとなると、取引の仕方が分からず尻込みしてしまう個人投資家も多いようです。
そんな個人投資家にとって、仮想の投資資金を使って仮想売買をすることができるバーチャルトレードは心強い味方です。
このバーチャルトレードを使えば、実際に株式取引やFX取引の仕組み、注文の方法を学べるだけでなく、株価や為替レートの変動に伴う時価評価額や含み損益も一目瞭然です。そのため、たとえば株式取引であれば実際にこの銘柄を買っていたらどれだけの損益が生じたのか、FX取引であれば10倍のレバレッジをかけた場合に含み損益の変動がどのくらい大きいものになるのか、といったことを実感することができます。

バーチャルトレードでの大成功は実戦での大失敗につながる

しかし、気をつけたいのは、バーチャルトレードで順調に仮想資金を増やせたとしても、実戦で同じようにいくとは限らないということです。
例えばバーチャルトレードによる運用成績を競うコンテスト。コンテストで上位に入賞すると賞品がもらえるものもありますが、こうしたコンテストでの成績上位者の運用成績をみると、驚くほど高いパフォーマンスをあげているのが分かります。
怖いのは、バーチャルトレードで大きく仮想資金を増やすことのできた人が、なぜ自身が仮想資金を大きく増やせたのかよく理解できないまま実戦の株式取引・FX取引をはじめてしまうことです。
仮想資金を短期間で大きく増やすためにはかなり無理をした投資をしなければなりません。相場が思ったとおりに動けば莫大な利益を得ることができる反面、逆方向に動けば下手をすると投資資金のほとんどを失ってしまう、そんなリスクの高い投資を繰り返さなければならないのです。
この点を気づかずに、バーチャルトレードでの成功体験をそのまま実戦に持ち込むと、大失敗につながりかねません。
バーチャルトレードはあくまでも「ゲーム」「遊び」と割り切り、同じような投資スタイルを実戦に持ち込まないことが大失敗を避けるためには必要です。

バーチャルトレードでは「恐怖心」が生まれない

筆者が考えるバーチャルトレードの最大の欠点、それは「恐怖心」を経験することができないという点です。バーチャルトレードは当然ながら身銭を切って投資しているわけではありません。したがって、株価や為替相場が急変して含み損がみるみる拡大することによる「恐怖心」を感じることができません。
しかしながら実戦ではこの「恐怖心」を知ること、そしてそれをコントロールすることが非常に重要になってきます。2008年秋のリーマンショック以降の株価暴落や為替の急速な円高は、市場参加者や個人投資家を未曾有の恐怖に陥れました。本当に自分の資金がゼロになるかもしれないと皆がパニックになる中、損失を最小限に抑えて乗り切らなければならなかったのです。そのためには、「恐怖心」をコントロールし、パニックにならずに常に冷静に投資行動をすることが求められます。
また、投資では「無理をしない」のも重要な点の1つです。無理をしないというのは、株価が下がったり、為替レートが変動して含み損が生じても、恐怖心を感じずに平常心を保っていられる程度の資金量に運用資金をとどめることともいえます。例えば、株価下落の最終局面で起こる「投げ売り」は、投資家がパニックになり恐怖心が高まることにより引き起こされます。恐怖心が高まって投げ売りまで追い込まれるほどの大勝負をしてはいけないということ、そして恐怖心が高まるほどの含み損を抱える前に早めの損切りを心がけることが重要です。

何はともあれ実戦が一番の教科書

上記のようなことは、実際に一度恐怖心を感じてみないとなかなか理解できません。しかし、これらはバーチャルトレードをしていただけでは決して気がつくことができないのです。含み損がどれくらいになれば恐怖心を感じるかを体験することができれば、自分自身のリスク許容度の把握にもつながり、自ずと身の丈に合った投資スタイルを構築することになります。
恐怖心を感じれば、無理をした投資は自然と控えるようになりますし、早めの損切りが重要だということも理解できるようになります。そのためには、バーチャルトレードで取引の方法や仕組みを一通り学んだら、バーチャルトレードはすぐに卒業して、自分の資金を使って実戦で学ぶことです。そして、早めに失敗して恐怖心を感じることができれば大いに結構です。投資も他の物事と同じで、失敗し、反省し、同じ失敗を繰り返さないようにすることで上達していくものです。そのためにはまずは実戦あるのみです。

2010年7月16日(金)に「足立武志の無料株式投資オンラインセミナー」を行います。
お申し込みやお問い合わせは2010年7月3日(土)以降、下記WEBサイト等で行う予定です。
是非アクセスください。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいバーチャルトレードの功罪と実戦の重要性

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

バーチャルトレードの功罪と実戦の重要性

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。