お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
上昇相場での利益率を高めるには?-銘柄ごとの株価変動の特徴をとらえよう
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

上昇相場での利益率を高めるには?-銘柄ごとの株価変動の特徴をとらえよう

2010/6/24
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

上昇相場でも銘柄ごとの上昇率は大きく異なる

上昇相場ではほぼすべての銘柄の株価が上昇し、逆に下落相場であればほとんどの銘柄の株価は下落します。
しかし、個別銘柄においては上昇相場での上昇率、下落相場での下落率ともに銘柄ごとに大きく差があることも事実です。例えば、今年2月~4月にかけ、日経平均株価が9,867円39銭の安値から11,408円17銭の高値をつけるまでの上昇率は15.6%でしたが、個別銘柄をみるとこの間15.6%よりはるかに大きく上昇したものもある反面、上昇率が15.6%より小さかったもの、さらには逆に下落してしまったものと、様々でした。
上昇相場で日経平均株価を大きく超える上昇率が得られるような銘柄選びを行い、限られた資金でできるだけ高い成果をあげたいと思う個人投資家の方も多いのではないでしょうか。

業界下位銘柄や低位株ほど株価変動が大きい

とするなら、株価変動が大きく、相場上昇時に高い上昇率が期待できる銘柄に投資するのが効果的となります。
一般的に、同業種であれば業界上位銘柄より下位銘柄の方が、株価変動が大きくなります。これは、業界上位銘柄は相対的に業績が安定している一方、業界下位銘柄は業績の変動が激しい傾向にあることが1つの理由ではないかと考えられます。
また、株価水準自体が高い銘柄よりも低い銘柄の方が株価変動は大きい傾向にあります。株価10,000円の値がさ株が10%上昇する間、株価50円の低位株は50%上昇した、ということはよく起こります。ただし、あまりに株価が低い銘柄は倒産リスクも高まりますから注意しましょう。
さらに、東証1部銘柄よりもマザーズ、ヘラクレス、ジャスダックなど新興市場銘柄の方が株価変動は大きくなります。今年3~4月の上昇局面で、新興市場銘柄の多くが株価2倍、3倍に跳ね上がったのは記憶に新しいところです。

株価変動の大きい銘柄は上昇率も下落率も高い

株価変動の大きい銘柄を狙って上昇局面での投資効率を高める場合に最も注意しなければならないのは、「株価変動の大きい銘柄は上昇相場での上昇率だけでなく下落相場での下落率も高い」ということです。
前述のように、業界下位銘柄は業界上位銘柄より業績の変動が激しい傾向にあるため、株価上昇時の上昇率も大きくなる反面、株価下落時の下落率も大きくなります。
同様に、信用リスクにより敏感に反応することもあって、株価が低い銘柄の方が株価の高い銘柄よりも下落率が大きくなる傾向があり、また新興市場銘柄も東証1部銘柄より下落率が大きくなるのが通常です。
例えば今年5月の株価急落局面では、東証1部上場銘柄の下落率がせいぜい20~30%であったのに対し、新興市場銘柄の多くは50%以上下落しました。
このように、株価変動の大きい銘柄は、うまく上昇相場をつかむことができれば非常に高い利益率をあげることができる可能性がある反面、うまくいかなかったときに速やかに損切りをしなければ、その後の下落で多額の含み損を抱えて身動きが取れなくなってしまう危険性が大いにあります。したがって、損切りの重要性が非常に高いのです。

ベータ値で銘柄ごとの株価変動の特徴を知る

個別銘柄の株価変動の大きさを表すものに「ベータ値」というものがあります。
ベータ値とは、指数(日経平均株価やTOPIX)の動きに対する個別銘柄ごとの感応度を表すものです。ベータ値が1の銘柄は、指数と同じ動きをする、つまり指数が1%上昇したらその個別銘柄も1%上昇することを示します。ベータ値が3であれば、指数が1%動けば個別銘柄は同じ方向に3%動く、とう意味です。ベータ値が高いほど株価の変動が大きい、逆に低いほど株価の変動が小さいといえます。まれにベータ値がマイナスの銘柄がありますが、これは指数とは逆の値動きをすることを表します。
つまり、上昇相場ではベータ値の高い銘柄を選んだほうが、より高い利益率を得られる可能性が高いということです。なお、ベータ値の高い銘柄は下落に転じた時の下落率も大きいので、損切り等のリスク管理はシビアに行う必要があります。
ベータ値はあくまでも過去の値動きから算出したもので、将来の値動きを保証するものではありません。しかしながら、ベータ値をみれば、業種・銘柄ごとの値動きの特徴は明らかになります。その意味で、非常に参考になる情報といえます。

これ以外にも、信用取引を用いて投資効率を高め、利益の極大化を狙う方法もあります。信用取引についてはこのコラムの第22回、第23回をご覧ください。
いずれにせよ、株価変動の大きい銘柄を選んで大きな利益を狙うのであれば、投資資金量や損切りといったリスク管理が重要となるのは間違いありません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上昇相場での利益率を高めるには?-銘柄ごとの株価変動の特徴をとらえよう

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上昇相場での利益率を高めるには?-銘柄ごとの株価変動の特徴をとらえよう

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。