facebook twitter
株価急落-その時どうする?「売り」「買い」そして「損切り」(その1)
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

株価急落-その時どうする?「売り」「買い」そして「損切り」(その1)

2010/6/3
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

「まさか」の時の投資行動いかんで投資成果に大きく差がつく

日本株は、4月5日に日経平均株価が11,408円17銭の高値を付けた後下落に転じました。ゴールデンウィーク明けから下落スピードが加速し、5月27日には9,395円29銭まで下落しました。日経平均株価はまともな戻りも見せないままほぼ一直線に2,000円も値下がりしたことになります。
マザーズ、ヘラクレス、ジャスダックといった新興市場銘柄はさらに悲惨で、4月に高値をつけてから1カ月で株価が半値以下になった銘柄も続出しました。
筆者自身、ここまで短期間にワントレンドで大きく下落するとは予想していませんでしたし、まさか2月につけた安値9,867円39銭まで下回るとは思ってもみませんでした。読者のみなさんも、ここまで短期間の急落は想定していなかったのではないでしょうか。

しかし、相場には「まさか」がつきもの。今回のような思わぬ急落局面は、株式投資を続けていれば何度も遭遇します。「まさか」に備えて適切な投資行動を取れるかどうかで、運用成果に大きく差がつきます。
そこで今回と次回の2回に分けて、株価急落局面でとるべき投資行動について筆者の考えるポイントをご説明したいと思います。今回は「損切り」と「利食い売り」についてです。

急落から身を守ることができるのは「損切り」だけ

何といっても今回のような急落局面では素早い損切りができるかどうかが勝負の分かれ目です。損切りさえ適切に行っていれば損失を最小限にとどめることができます。その後いくら株価が下がろうとも損失が拡大することはありませんし、株価下落がおさまった後で安く買いなおすことも可能です。
特に新興市場銘柄など値動きの激しいものは、損切りをすべきタイミングで損切りを少しでもためらうと、そこからさらに30%、50%とものすごいスピードで急落し、最後には手も足も出なくなってしまいます。
相場は意地悪です。ひとたび株価が急落してしまうと、高値で買いつけた投資家を助けてくれるような株価の戻りはまず期待できません。高値で買った投資家が投げ売りしてはじめて反発が始まるのです。
それならば、早めに損切りしておいて、株価が十分下がったところで買い直した方がよいのは言うまでもありませんね。
筆者は直近安値割れを損切り価格として設定します。もし、最高値付近で買った場合など直近安値まで距離があるときは、買値を10%下回った価格を損切り価格とします。5日移動平均線割れや25日移動平均線割れを損切りラインとしてもよいでしょう。

含み益のある銘柄はどう対処するか

今回は日経平均株価が年初来高値を付けた後の急落でしたから、含み益のある持ち株があった方も多かったと思います。
実は、損切りはルールを決めてそれを実行するだけなので、心理的抵抗さえ克服できればそれほど難しくありません。急落時は、含み益を有する持ち株の対処法の方がはるかに難しいのです。

たとえ、長期保有目的で買って十分に含み益がある銘柄であっても、株価急落により含み益が吹き飛び含み損に転落したら、損切りは必須です。その後株価が下げ止まってから再び買い直すべきです。
「長期保有」を理由に含み損をかかえたまま持ち続けるのは、塩漬け株発生の原因となるため厳禁です。
また、含み益が全て吹き飛んで「取らぬ狸の皮算用」になってしまうことを防ぐために、長期保有目的だとしても、株価が2倍に上昇したら持ち株の半分を売るなど、特に株価が短期間に大きく上昇した銘柄は上昇局面である程度の利益を確定させておいた方がよいでしょう。

基本的には上昇トレンド終了の可能性が高まった時点で利食いしておくべきです。例えば週足チャートを使い、13週移動平均線を株価が割り込んだら利食い、もしくは日足チャートで25日移動平均線を株価が割り込んだら売り、というようにです。
今回の急落局面では、特に新興市場銘柄など短期間に大きく値を飛ばしたものは、上昇局面で一部は利益確定売りを出しておくとともに、残りの持ち株も25日移動平均線を割り込んだら利食い、とするのが有効でした。

次回は、株価急落時の「買い」のポイントや注意点について説明します。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株価急落-その時どうする?「売り」「買い」そして「損切り」(その1)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株価急落-その時どうする?「売り」「買い」そして「損切り」(その1)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。