facebook twitter
ECB政策金利0.5%への利下げはあるのか?
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

ECB政策金利0.5%への利下げはあるのか?

2013/5/2
昨日の米ドル円は、東京市場及びロンドン市場序盤において、NY時間に発表される雇用指標及びFOMCを待つムードが先行し、値動きに乏しいものの、米国の量的緩和策が当分継続するとの見通しから売られていたドル
facebook twitter メールで送る 印刷

昨日(5月1日)の動向

昨日の米ドル円は、東京市場及びロンドン市場序盤において、NY時間に発表される雇用指標及びFOMCを待つムードが先行し、値動きに乏しいものの、米国の量的緩和策が当分継続するとの見通しから売られていたドルを買い戻す動きも見られました。注目のひとつ、米ADP雇用統計は、市場予想の15.0万人に対し、11.9万人と下回りドル円は一時97円ちょうど手前まで下落しました。もうひとつの注目イベントであったFOMCでは、量的緩和策の継続が決定し、それまで売られていた流れから買い戻され、ドル円は97.50を上回る水準まで上昇となりました。政策の決定には、カンザス連銀総裁が反対票を投じました。

5月1日のBID値 始値 高値 安値 終値
米ドル/円 97.426 97.679 97.012 97.364
ユーロ/円 128.256 128.911 127.849 128.35
豪ドル/円 100.973 101.123 99.751 100.052

米ドル/円 1時間チャート

米ドル/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

本日(2013年5月2日)の展望

【米ドル/円】

FOMCが終了し、ドル売り円買い基調が一服後、再び円安展開に戻ることが予想されます。ただし、明日の米雇用統計の結果が悪化するという懸念も残っていることから、積極的にドル買いが進むことも難しく、上値は限定的となりそうです。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
米ドル/円 98.00 100.00 97.00 95.80

米ドル/円 5分足チャート

米ドル/円 5分足チャート

【ユーロ/円】

FOMCの結果を受け、円売り傾向が戻ってきたことから、比較的下値の堅い展開が予想されます。本日、日本時間午後8時45分に発表される、ECB政策金利発表では、0.25%利下げし、結果0.5%とすることが予想されており、既に市場にも織り込まれているとみられることから、利下げが発表されれば、ユーロが買い戻される展開が予想されます。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
ユーロ/円 129.00 130.60 127.80 125.90

ユーロ/円 5分足チャート

ユーロ/円 5分足チャート

【豪ドル/円】

米ADP雇用統計の結果が市場予想を下回ったこと、米株式市場が大きく下げたことから、100円を割り込む水準まで下落しています。引き続き景気動向に左右される相場展開が予想され、株式市場の動向などにも注意が必要です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
豪ドル/円 101.20 103.00 99.90 98.70

豪ドル/円 5分足チャート

豪ドル/円 5分足チャート

  • 上記各5分足チャートは、当日 2013年5月2日 現在のものです。
  • コメント欄の語句について R=上値抵抗線 S=下値支持線

本日(2013年5月2日)の主な指標

注目度 発表時間 指標 予想 前回
16:55 (独)4月-PMI 改定値 47.9 47.9
17:00 (欧)4月-PMI 改定値 46.5 46.5
★★★ 20:45 (欧)ECB政策金利 0.5% 0.75%
★★★ 21:30 (米)3月-貿易収支 -420億ドル -430億ドル
★★★ 21:30 (米)新規失業保険申請件数 34.5万件 33.9万件

発表時間はいずれも東京時間

  • 注目度は★低~★★★高で示します

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいECB政策金利0.5%への利下げはあるのか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ECB政策金利0.5%への利下げはあるのか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。