facebook twitter
個人投資家サーベイ:楽天DI:2009年4月
楽天証券経済研究所
個人投資家サーベイ 楽天DI
楽天証券では、口座をお持ちの方に毎月1回、日本株や為替の見通しについてアンケートを行い、その結果を楽天証券経済研究所が分析してレポート。月替わりで時事性のあるテーマについても調査…

個人投資家サーベイ:楽天DI:2009年4月

2009/4/25
楽天証券では、投資家の皆さまに投資動向のアンケートを定期的に実施し、個人投資家サーベイとして「楽天証券DI」を毎月第一金曜日に発表しております。DIとはDiffusion Indexの略で、個人投資家の現状認識がどちらの方向に向いているかを示す指数です。
facebook twitter メールで送る 印刷

はじめに

長かったゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?高速道路の一律1,000円という割安価格を利用して行楽地へ向かわれた方も多かったことと思われますし、一方では、私のように“とにかく、静養した!”という方も多かったのではないでしょうか。そしてその効能は「リフレッシュ」です。悲観論渦巻いた人々のマインドにも、とりわけゴールデン・ウィーク前半は晴天が続いたことも幸いし、気分は相当リフレッシュされたのではないでしょうか。

そんな効能もあってか、休み明けの株式市場は水準を一気に切り上げてのスタートとなっています。今回の楽天DIの集計もそうしたことを予想させるような展開になっています。今後の投資判断の一助としていただければ幸いです。

楽天投信投資顧問株式会社 代表取締役社長 大島和隆

1.日経平均の見通し

個人投資家の見方「過去6か月で最も改善、年央以降の株価回復期待は弊社見通しとも一致した流れ」

4月27日と1ヶ月後の日経平均の見通し DI= △12.10
(3月31日と1ヶ月後の日経平均の見通し DI= △17.22)
4月27日と3ヶ月後の日経平均の見通し DI= +11.92
(3月31日と3ヶ月後の日経平均の見通し DI= +5.36)

今回の基準日となった2009年4月27日の日経平均株価の終値は8,726.34円です。カレンダー上は飛び石ながらも、かなりの長期休暇が取得可能なゴールデン・ウィーク前という特殊環境にもかかわらず、さらには日経平均株価の9,000円台回復前の足踏み状態継続の渦中にもかかわらず、1か月DIも3カ月DIも前回に引き続き改善傾向を示し過去6か月で最高値となりました。とりわけ、3カ月DIについては昨年11月4日のDIが最高値で13.76ですから、かなりそれに肉薄してきていることがわかります。ちなみに、最安値は12月26日集計の△20.74です。この背景には、投資家心理の相当な好転を見て取ることができると考えています。

なぜなら、ファンダメンタルズ的には、基準日時点ではクライスラー問題はどうなるのか解らない最も不透明な時であり、また米銀大手19行に対して行われたストレス・テストの結果公表の前でもあったため、材料的にはかなり不透明な状況であったからです。当然、日本についても「5月危機説」が随分と喧伝されていました。

また為替見通しについても、前回追い風となった円安見通しが維持されているわけではなく、投資家はむしろ円高見通しに傾きつつある中でのこの結果は、投資家心理の改善、あるいは需給見通しの改善が背景にあるものと思われます。3カ月後は7月末、この時期へ向かってのDIも改善中ということは、サマー・ラリーへの期待の高まりかも知れません。さらなる急謄イメージではなく、じり高イメージな点は弊社見通しとも一致する展開です。

2.為替相場の見通し

  ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
4月27日 DI=△18.51 DI=△15.48 DI=△7.83
3月30日 DI=0.56 DI=8.37 DI=△33.05

調査時点の円/ドルは96.72円、円/ユーロは127.33円です。基準日の翌日に円高は更に進みドルが95.87円、ユーロが124.86円を付けていますが、その水準をピークに為替は円安に動いています。

背景にあったのはクライスラー問題と米銀のストレス・テストの結果に対して市場が悲観的な見通しを持ったため、一旦は消去法的に円が買われていた局面ということができますが、その後これらの問題がクリアになるにつれ徐々に円安に振れていきました。主要3通貨の相対比較が為替市場の大きな流れを見るうえでは大切なことなので、ユーロ・ドルの関係をDIに含めた方が良いのかも知れないと思うこと仕切りですが、ただ円が絡まない部分は専門家でないと解り難いというのも事実。メルマガを含めてコメントでフォローしたいと思います。

3.今後注目する投資先

(複数回答)

  今回 前回
アメリカ 25.62% 26.72%  △1.09%
EU諸国 10.68% 12.32% ↓  △1.65%
ブラジル 23.67% 21.73% ↑   1.93%
ロシア 11.57% 10.44% ↑   1.12%
インド 42.88% 40.08% ↑   2.81%
中国 61.57% 51.83% ↑   9.73%
中東・北アフリカ 5.34% 6.77% ↓  △1.44%
東南アジア 16.37% 18.16%  △1.79%
中南米 5.52% 7.06%  △1.54%
東欧 4.09% 4.80%  △0.71%

 流れ的には前回と同じく、欧米の人気が低調である反面、変化率の期待できる中国を筆頭に新興国の方に目線が行っているという気がします。中国の人気が 61.57%と突出しはじめ、それに続いてインドが42.88%で続いている状況は特筆に値するかも知れません。ただいわゆるBRIC’sが人気を集める中で、VISTAやMENAと言われたような2番手、3番手新興国市場群に類するようなところは人気が離散しているように思われます。

  • VISTA…ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン
  • MENA…ポストBRIC’sといわれる中東と北アフリカ諸国の市場

4.今後注目する投資商品

(複数回答)

  今回 前回
国内株式 74.20% 74.69%  △0.49%
外国株式 27.58% 23.42% ↑   4.16%
投資信託 20.64% 23.33%  △2.69%
ETF 22.24% 19.00% ↑   3.24%
FX(外国為替証拠金取引) 25.44% 22.11% ↑   3.34%
国内債券 6.94% 6.02%   0.92%
海外債券 8.54% 9.13%  △0.58%
20.82% 20.79%   0.03%
原油 7.12% 7.34%  △0.22%
商品 5.16% 5.74%  △0.58%
REIT 9.43% 8.84%   0.59%

特筆すべきは外国株式の人気が27.58%とDI集計開始後最高値になったことです。またこの流れを受けてか、ETFやFX(外国為替証拠金取引)が注目を取り返しています。外国株式の人気回復と併せて考えると、注目は国内ETFよりも外国ETFなのかも知れません。

一方、商品の人気は離散したままで、集計開始後最低値5.16%となってしまいました。外国債券の人気も低位安定、なかなか2ケタを回復することができません。確かに、円高を見通すならば、インカム収入に頼る部分の多い外国債券は投資しづらいと思われるのかも知れません。ただ円高が極まった時こそ、本当は投資対象として横目で見ておく必要があるのが外国債券でもあります。「みんなで渡れば怖くない」のも確かですが、少数意見に微笑むのが相場の神様の天の邪鬼さでもあります。

「DI(Diffusion Index)」とは

景気判断に用いられる諸指標を選定し、現状認識がどちらの方向に向いているかを示す指数。『楽天DI』では、日銀短観と同じ計算方法を採用し、「(強気回答数-弱気回答数)÷全回答数×100」、「(円安回答数-円高回答数)÷全回答数×100」で算出いたします。
【各指標の見方は以下の通りです。】
日経平均 DIがプラス→強気、DIがマイナス→弱気
為替   DIがプラス→円安、DIがマイナス→円高
すべての回答が中立だった場合、DIは0となります。

本資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて楽天証券株式会社が作成・提供したものですが、情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。また、売買に関する勧誘を意図して作成したものではありません。投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。ストラテジストの見解や評価、予測は本資料作成時点での判断であり、予告なしに変更されることがあります。この資料の著作権は楽天証券に帰属しており、事前の承諾なく本資料の全部または一部を引用、複製、転送などにより使用することを禁じます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください個人投資家サーベイ:楽天DI:2009年4月

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

個人投資家サーベイ:楽天DI:2009年4月

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
10万円株
 
投資の失敗
人気ブロガー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
動画でわかる
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。