facebook twitter
豪ドル/円相場に再び円高警戒シグナルが点滅?
石原 順
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

豪ドル/円相場に再び円高警戒シグナルが点滅?

2011/10/20
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

前回のレポートでは、豪ドル/円の「26日標準偏差ボラティリティ」が10月に入ってピークアウトしたことから、相場は売りトレンドが消滅し調整相場の範疇にあると述べた。売りトレンドが消滅した後の豪ドル/円相場は、一旦戻り(上値)を試して、その後はレンジでの往来相場となっている。次のトレンドが発生するまでは、基本的にジグザグ型のレンジ相場を継続するだろう。

豪ドル/円(日足) +2σ近辺で頭打ちか?

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド2σ(赤)


(出所:石原順)

ドル/円相場に全く動意が見られないなか、10月に入っての豪ドル/円の上昇は豪ドル/ドルが牽引してきた。しかし、筆者の認識では現在の豪ドル/ドルの上昇にトレンドが出ているわけではない。豪ドル/円と同じ調整相場である。

ドル/円(日足) 全く動意がない

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド


(出所:石原順)

豪ドルの戻り相場は早かった。『通貨ヘッジファンドのための調査・顧問会社JWパートナーズのルカ・アベリーニ氏は「このリスク・ラリーは急速すぎるとともに感情的すぎて、信じられないほどだ」とし、「ほとんどのファンドマネージャーはこれに加わっていない」と指摘した。アベリーニ氏によると、トレーダーは再び豪ドルなど経済成長に敏感な通貨に舞い戻った一方でセーフヘイブンとしての円も買い、多くの新興国通貨を避けていると述べた』(WSJ 2011年10月17日)と報道されているように、強烈なリバウンド相場となっている。

しかし、豪ドルの正念場はここからだろう。豪ドル/ドルの1.04近辺は急落前のレンジ相場の下限であり、現在、21日ボリンジャーバンド+2σの水準となっている。そろそろ上値が重くなってくる可能性が大きい。

豪ドル/ドル(日足) +2σ近辺で頭打ちか?

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド2σ(赤)


(出所:石原順)

豪ドル/円の戻りも21日ボリンジャーバンド+2σ近辺で頭打ちとなっており、9日RSIも70を超えた後にピークアウトしている。相場は移動平均リボンの上抜けを試しに行ったが、押し戻されてしまった。相場のことなのでわからないが、目先の豪ドル/円の上値余地はあまりないと考えた方がよいだろう。

豪ドル/円(日足) 9日RSIも目先の天井を示唆?

上段:21日ボリンジャーバンド2σ(青)
下段:9日RSI(赤)


(出所:石原順)

豪ドル/円(日足)と移動平均リボン(赤の帯)

上段:21日ボリンジャーバンド2σ(青)
下段:9日RSI(赤)


(出所:石原順)

円高警報として使っている20日ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)も、今週の相場で3日連続の上昇を記録した。現在、20日ATRの値がかなり高いレベルにあるので、相場は乱高下しやすい。まだレンジ相場の範疇ではあるが、一旦、円高への揺り戻しが起こる可能性がある。円高警戒シグナルが点滅しているので、ポジション管理に気を配りたい。

この先、10月23日のEU首脳会合、11月2日FOMC、11月3日のECB理事会(ECB総裁交代)・11月3日~4日カンヌG20首脳会議と重要イベントが目白押しだ。ここまでにポジションを軽くしておきたい。11月に入れば、苦境の伝えられるファンド勢も餅代稼ぎに動きだすだろう。

豪ドル/円(日足)と20日ATRの推移(2010年5月~2011年10月)

ATR上昇期=緑・ATR下落期=黄


(出所:石原順)

豪ドル/円(日足)

今週は20日ATRが3日連続上昇を記録(赤の部分)=円高に注意したい


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください豪ドル/円相場に再び円高警戒シグナルが点滅?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

豪ドル/円相場に再び円高警戒シグナルが点滅?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。