お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
シナリオが書きやすい通貨市場
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

シナリオが書きやすい通貨市場

2010/8/6
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

金融改革法(ボルカー・ルール)に従えば、「ゴールドマンは1兆円を超す自己投資額を7分の1に、モルガンスタンレーは3分の1に減らす必要がある」(7年間の猶予措置)らしい。「米金融界全体の半分を占めていた10兆ドル規模のレバレッジ金融はすでに崩壊しており、米金融界の規模は半分になる」と発言している人もいる。

JPモルガン・チェースが先月「米株価の上昇は第二四半期で終わったのではないか」という観測を7月に発表して以来、米国株式に対する弱気の見方が増えてきている。しかし、筆者は<株式>や<コモディティ>の市場は、今後、上下どちらに動くかわからないと思っている。カネ余り現象は続いているからだ。金融改革法(こんな複雑な法律はわけがわからないし、読んでいる人も少ない)は骨抜きにされたと言われており、ゴールドマンサックスとSECも和解している。また、バーゼル銀行監督委員会の「銀行の資本・流動性規制案緩和方針」で世界的に銀行株が買い戻し相場になったように、世界経済の都合でバブルが再燃する可能性は残されている。要するに<株式>や<コモディティ>市場の先行きは、「はっきり言ってよくわからない」状況にある。

一方、比較的シナリオが書きやすいのは<通貨>の市場である。「ゴールドマンは今後の円相場について、米マクロ経済情勢の厳しさを背景としたドル安を反映してさらに強含み、今後半年で83円に達すると予想した。また、米連邦準備理事会(FRB)が追加金融緩和に踏み切れば特に、その水準を超えて円高が進むリスクがあり、1990年代半ば以来の水準である過去最高値の79円もそう遠い水準ではないとの見方を示した」(ロイター)らしいが、まあ、誰でも考えるストーリーである。

米セントルイス連銀の総裁の「米経済は日本のようなデフレとゼロ金利の持続というデフレ均衡に陥る可能性がある。それを防ぐためには量的緩和が有効」という発言に代表されるように、米国では追加の金融緩和観測が出てきており、米国の低金利の帰結としての通貨安政策=ドル安路線が明確になっている。この日本型デフレ懸念に対して、バーナンキFRB議長は、“自国通貨の減価でデフレを回避”しようとするだろう。またオバマ政権のスタッフには「ドル安誘導により米国を消費から生産の国に戻す」という考えを持っている人が多い。オバマ大統領の「5年間で輸出を倍増する」という目標は、ドル安がないと達成できない。

不景気で内向きになった米欧などの先進国は、結果として通貨切り下げ競争に突入している。保護主義の象徴である通貨切り下げ競争は世界経済にとって最悪の選択であるが、中国や韓国の<通貨安を使った安上がりの経済成長>を目の当たりにすれば、その誘惑には勝てないのである。そして、不景気には円高がつきもので、日本だけが通貨切り下げ競争の蚊帳の外にいる。

さて、筆者は現在、ユーロ/ドルの買いとドル/円の売りポジションを持っているが、1σの内側に相場が入ったら利食いでも損切りでも相場から撤退する予定である。過去には26日移動平均線と標準偏差ボラティリティだけで売買していた時期もあったが、1σを手仕舞いポイントにするようになってから、損失管理が非常に楽になった。ボリンジャーバンド1σのラインによって、筆者は取り越し苦労から解放されることになったのである。したがって、本日の雇用統計も心配していない。

筆者がポジションを持っているユーロ/ドル(左)とドル/円(右)


(出所:石原順)

トレンドがないのでポジションを持っていない豪ドル/円(左)とユーロ/円(右)


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいシナリオが書きやすい通貨市場

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

シナリオが書きやすい通貨市場

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。