facebook twitter
通貨危機の賞味期限
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

通貨危機の賞味期限

2010/5/28
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

市場の物忘れの早さには驚かざるを得ない。2008年のリーマンショックは100年に1度の金融危機と言われ株も暴落したが、2009年にはV字型に切り返している。当時の米国が破綻するかのような議論は、現在どこかへいってしまった。

NYダウ(日足)2007年~


(出所:石原順)

米国や英国の危機は棚上げされ、今の旬はユーロ圏の危機である。昨年まではドルが暴落すると言われていたが、今年はユーロで同じ事をいっている。(ユーロが暴落しているので、ドルやポンドは防衛されている)2009年と2010年でギリシャやスペインが抱えている問題(ファンダメンタルズ)に大きな変化があったわけではない。マーケット・テーマが変質しただけだ。ソブリン・リスクを言うならば米国も英国も日本も皆危ない。(これらの国にもまたお鉢が回ってくるだろう)

したがって、相場の実践においては、各国のファンダメンタルズの比較をしてもほとんど意味がない。重要なのはマーケット・テーマとその賞味期限である。現在のユーロ危機相場の賞味期限は、過去の危機(人間のやることは大抵同じである)から推測するしかないが、ユーロ相場の<暴落期間>は過去の通貨危機から考えると、今回も概ね6~8カ月程度となるのではないだろうか?

2010年のユーロ危機相場は現在6カ月目に入っている。1992年のポンド危機は7カ月、1997年のアジア危機は7カ月、1998年のロシア危機は8カ月で暴落相場が終了している。ユーロは寄り合い所帯で加盟国が多いため、過去の危機よりも下げ期間が延長する可能性があるが、それでも暴落相場の最も美味しいところ(賞味期限)は6~8カ月といったところであろう。

2010年ユーロ危機(左)1992年ポンド危機(右)


(出所:石原順)

1997年アジア危機 タイバーツ(左)1998年ロシア危機(右)


(出所:石原順)

筆者はこのような大局観を持ちながらも、相場の「順張り」に関しては21日ボリンジャーバンドの1σ抜けとADXや標準偏差ボラティリティの上昇についていくだけだ。相場で収益を上げるには、ファンダメンタルズより価格そのものの分析が重要だからである。

「標準偏差ボラティリティ」に関する照会が多いので、ここで簡単に説明しておきたい。筆者は相場のもちあい期間とトレンド期間の判定にこの指標を使っている。もちあい期とトレンド期が区別できなければ、順バリも逆バリもやりにくいからだ。

標準偏差ボラティリティの推移と相場のトレンド期間・もちあい期間の判別


(出所:石原順)

標準偏差ボラティリティの計算は、相場の終値のデータがあれば、表計算ソフト「エクセル」のSTDEVPという関数で簡単に計算できる。

エクセルの26日標準偏差ボラティリティ計算シート


(出所:石原順)

ユーロ/ドル(日足)の26日標準偏差ボラティリティ
表計算ソフト「エクセル」のグラフ


(出所:石原順)

筆者のあらゆるトレード手法の基本となっている価格変動(ボラティリティ)の予測にはエクセルが必要となる。筆者は「未来の適当な価格」を、「日足」では10日先まで入力している。筆者はそれで「未来の相場シミュレーション」をおこなっている。これが筆者のトレード手法の最重要部分であるが、なぜ、そのようなことをするのかは、次回のレポートで言及したい。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください通貨危機の賞味期限

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

通貨危機の賞味期限

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。