お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
外為市場は金利感応度が上昇中
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

外為市場は金利感応度が上昇中

2008/12/26
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

国債が買われている(利回りが下がっている)という現象は、リスクマネーの収縮を意味する。すなわち、資産デフレ=現金のバブルが続いているということだ。この傾向は2008年の6月から顕著である。

米国の利下げを受けて12月19日に日銀は0.2%の利下げ(0.1%)とCPの購入、国債買い切り増額などを発表した。日本の利下げ後は円売り傾向となっているが、今週のドル/円相場が堅調なのは米金利が下げ止まっているからである。リスクマネーの動向は各国の債券市場をみていればわかるが、現在、買われすぎの国債が修正安(金利上昇)となれば、株高・円安の可能性も出てくる。現在の外為市場は金利感応度が上昇しているので、今後の動きを注視していきたい。

米国10年国債(黒)日本10年国債(赤)ドイツ10年国債(青)の推移


(出所:石原順、ブルームバーグ)

投機筋の仕掛けによってショートカバー(買い戻し)主導で上昇したものの、やはりユーロ/ドルの1.47台や、ドル/スイスの1.04台は短期的に買われすぎであった。しかし、トレンドは買いに転換しており、今後は押し目買いが有効となろう。年末から1月中の相場でユーロ/ドルやドル/スイスの急落場面があれば、ユーロ買い・スイス買いの好機と考えている。

相場変動率(26日標準偏差ボラティリティ)からみると、現在は値幅の調整か日柄の調整を待ちたいところだ。焦らずじっくり押し目を待ちたい。

ユーロ/ドル(日足)
26日変動率(青色)と14日ADX(緑色)
トレンドの発生(黄色)から短期間で急上昇したため、押し目を待ちたい


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ドル/スイス(日足)
26日変動率(青色)と14日ADX(緑色)
年末・年始の相場でドル安相場になるなら、先導役はスイスフランだろう


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ユーロ/ドル(日足)と抵抗線


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ユーロ/ドル(日足)と支持線


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ユーロ/ドル(日足)と一目均衡表


(出所:石原順、ブルームバーグ)

外為市場の潮流はこれまでの「円キャリー取引の巻き戻しによる円全面高相場」から「ドル安相場」に移行している。だが、バーナンキ議長のヘリコプター・マネーの投下や、オバマ新政権への期待感で年明けの相場はリバウンドの可能性もある。筆者はユーロやスイスの利食いをした後、クリスマスシーズンの現在は様子見中である。年末・年始の相場は荒れやすく、相場の反転も起こりやすい。はっきりした方向性が出るまでは、1時間足等の短いタイムフレームの短期売買で相場についていくという方針をとりたい。

円相場の相場変動幅(ATR)の動向(データは2008年12月25日まで)

ドル/円およびクロス円市場は“円の上昇時に変動幅が拡大し、円の下落時に変動幅が縮小する”という市場の構造を持っている。(特に変動幅縮小の過程では円安になりやすいというのが円相場の特徴である)ドル/円やクロス円通貨は、ATR(アベレージトゥルーレンジ)が下がる過程で円安、上がる過程で円高となるパターンが多い。黄色の期間では円の売り放置やキャリートレードはリスクが高くなる。ATRは過去に見ないような高い変動幅を記録しており、現在は平時よりも(円高)リスクの高い局面であることに注意していただきたい。変動幅が低下しても変動幅の絶対水準が高すぎるので相場の振れが大きくなる。

ユーロ/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

豪ドル/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ランド/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ドル/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください外為市場は金利感応度が上昇中

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

外為市場は金利感応度が上昇中

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。