facebook twitter
金融安定化法案をめぐる思惑で乱高下
石原 順
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

金融安定化法案をめぐる思惑で乱高下

2008/9/26
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

フィナンシャル・タイムズが「ヘッジファンドが金融混乱を背景に安全資産への逃避を図り、1000億ドルをマネー・マーケット・ファンド(米財務省が保証している)に移した」と報道している。質・安全・単純への逃避が続いており、これまでレポートで述べてきた【現金】のバブルは進展中である。

金融安定化法案をめぐる思惑で市場は一喜一憂を繰り返している。日本時間26日の上院銀行委員会のドッド委員長は、日本時間26日の早朝に「米金融安定化法案に民主・共和両党が原則合意」と発表したが、ホワイトハウスでの会合後は「共和党から代替案(モーゲージ保険スキーム)が浮上し、交渉進展が危うくなってきた」と語っており、米株高を受けてNY市場では堅調だったドル/円は東京市場で急反落している。

金融安定化法案が早期合意に達する期待がしぼんだことで、26日の東京市場は重苦しい雰囲気につつまれている。ブッシュ大統領が「政府と議会において早期の合意望む」と危機感を訴えていることや、民主党が議会の多数派であることなどから、遅かれ早かれ金融安定化法案は成立するのではないだろうか。仮に、金融安定化法案が否決されれば、信用収縮・金融不安の再燃となる。

ATR(アベレージトゥルーレンジ)を観測すると、相場の変動幅は縮小傾向に転じ始めており、極端なリスク回避による円買い相場はとりあえず一旦収束にむかっているようにみえる。また相場の10週間程度の周期からいってもドル/円は修正高の局面にあり、9月末までは極端なドル安は回避されると思われるが、金融不安の最中の予断を許さない相場環境なので資産管理に重点をおいた運用をこころがけたい。

円相場の相場変動幅(ATR)の動向

ドル/円およびクロス円市場は“円の上昇時に変動幅が拡大し、円の下落時に変動幅が縮小する”という市場の構造を持っている。(特に変動幅縮小の過程では円安になりやすいというのが円相場の特徴である)ドル/円やクロス円通貨は、ATR(アベレージトゥルーレンジ)が下がる過程で円安、上がる過程で円高となるパターンが多い。黄色の期間では円の売り放置やキャリートレードはリスクが高くなる。筆者はデイトレードおよびスウィングトレードでも緑の期間は円売り、黄色の期間は円買いを中心にしている。2008年相場ではうまく機能しているが、ATR上昇で円安、ATR下落で円高となった局面も過去には多いので注意されたい。

ドル/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

豪ドル/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ユーロ/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ランド/円(日足)とATR 緑のATR低下期間が円売りの有効時間帯


(出所:石原順、ブルームバーグ)

さて、9月24日の「外為マーケットリポート第2回」17:00~17:30
について補足しておきたい。以下のチャートはADX(方向性指数)とユーロ/ドル、およびドル/円の推移である。黄色の部分がADXの上昇期、水色の部分がADXの下落期である。ADXによる相場の判定では黄色のADX上昇期は相場が方向性をもっているということになる。筆者はこの黄色の部分で相場がボリンジャーバンドの1σの外側に飛び出してきたら順張りを行うのが確率的に有利だと思っている(それが正しいかどうかはわからない)。黄色の部分は相場の期待収益が高い時間帯だと思われるが、黄色の部分のように相場が方向性を持つ時間帯は限られている。水色の保合相場の局面が圧倒的に多い。

ADX(方向性指数)とユーロ/ドル(日足)


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ADX(方向性指数)とユーロ/ドル(日足)と1σの外側での相場


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ADX(方向性指数)とドル/円(日足)


(出所:石原順、ブルームバーグ)

楽天FXチャート ユーロ/ドル(日足)とボリンジャーバンド


(出所:石原順、楽天証券)

楽天FXチャート 豪ドル/円(日足)とボリンジャーバンド


(出所:石原順、楽天証券)

楽天FXチャート ドル/円(日足)とボリンジャーバンド


(出所:石原順、楽天証券)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください金融安定化法案をめぐる思惑で乱高下

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

金融安定化法案をめぐる思惑で乱高下

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。