お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
バーナンキのドル防衛発言
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

バーナンキのドル防衛発言

2008/6/6
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

これまでレポートでベアースターンズの救済とワシントンG7を契機にマーケットテーマが変質していることを指摘し、そのなかで「米国の金利政策がサブプライム問題からインフレにシフトしてきていること」「現在のインフレはドルを上げない限り(それが政治的に可能か否かは別として)収まらないこと」を言及してきたが、ここにきてこれらの状況証拠が整いはじめている。

6月3日、バーナンキFRB議長は「FRBは財務省とともに外国為替市場の動向を注意深く監視している」「ドル相場の変動がインフレとインフレ期待に及ぼす影響を注視している」「物価安定と最大雇用というFRBの責務を果たすことがドルを安定した通貨として保証する鍵になる」とFRBの管轄外であるドル相場について言及した。FRB議長がはっきりとドル安懸念を述べることは稀で、市場はこれをドル防衛発言と受け止めている。バーナンキ米連邦準備制度理事会FRB議長は2月29日に「ドル安は赤字縮小に望ましい」と述べてドル売り実物資産買いを加速させたが、6月3日の発言は180度方針転換しており、これ以上のドル安はスタグフレーションの引き金になるとの認識をしめしたものといえよう。マーケットテーマだけでなく、米政策当局の姿勢も「サブプライム問題からインフレへ」とシフトしているのである。

過去3年の商品価格上昇が世界にもたらしたコスト負担増は250兆円(原油200兆円、鉄鉱石と原料炭で20兆円、穀物30兆円)と言われているが、すでにインフレは政治的にも放置できない水準にきたということだ。金融市場でも市場原理が働かない国の投資マネーばかりが拡大している。現在の富の偏在先であるロシアや中東諸国では市場原理が働かないため、世界経済は悪循環のシナリオに陥りやすい。特定の商品が値上がりすれば、その商品は通常は増産されるはずだが、中東やロシアの余剰マネーはそうした資源開発や食料増産のための設備投資、あるいはインフラ整備にもあまり回されず、余剰マネー自体が商品市場に投機マネーとして流入し相場を押し上げている。生産者が商品の増産ではなく、商品の価格を吊り上げることで収入増を計る傾向が、需給逼迫と商品相場の加熱をもたらしている。市場原理が働いていない以上、ドル安はインフレにとって有害でしかない。

ポールソン米財務長官率いる「金融市場のための大統領ワーキンググループ」(President's Working Group on Financial Markets)の活発な動きについては前回のレポートでも紹介したが、ポールソン米財務長官は6月2日、「米国は海外に新たな市場を求めるのと同時に、国内市場に民間企業や政府系ファンドからの投資を受け入れる用意がある」としてペルシャ湾岸諸国からの投資受け入れへ動いている。2006年にドバイ企業による港湾施設投資を米国は拒否したが、現在では市場原理を訴えて米国への資金還流を促し(ドル高要因)所得の再分配効果を図る政策に切り替えている。

3月のベアースターンズの救済と4月のワシントンG7を契機に年金などの年金・保険などの長期投資家はドルロングに転じているが、現在は(足の速いモデル系のファンドやロシア勢に代表される腕力相場の攪乱的な動きに惑わされず)大きなトレンドに追随する局面であろう。

前回のレポートで「5月29日にドル/円は直近の保ち合いのレンジを上方にブレイクした。チャートのフォーメーションからみて、もう一度ドルが下がる可能性がないわけではないが、ここからは逆張りではなくドルの押し目買いスタンスに戦略を変更するのがセオリーであろう」と述べたが、ドル/円はレンジ上抜けのあと一度押しをいれて6月5日には106円43銭まで上昇している。この先は、昨年12月のドル高値114.65円からの下げ幅の61.8%押しに当たる107円40銭のレベルがターゲットとなりそうだ。

ドル/円(日足)と標準偏差ボラティリティ


(出所:石原順、ブルームバーグ)

円安相場は低変動(ボラティリティ低下)が命である。現在、ATR(アベレージトゥルーレンジ)の低下基調は継続しており円売り安心感が強まっている。キャリートレードの黄金律であるATRが低下傾向であるうちは円売り継続でよいだろう。

ドル/円(日足)とATR(アベレージトゥルーレンジ)


(出所:石原順、ブルームバーグ)

豪ドル/円(日足)とATR(アベレージトゥルーレンジ)


(出所:石原順、ブルームバーグ)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいバーナンキのドル防衛発言

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

バーナンキのドル防衛発言

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。