業績好調、資産もあるのに株価はお値打ち。割安株に注目!

 値上がりが待ち遠しいけど、値下がりは怖い。初心者からベテランまで、投資家なら誰もが同じ心理でしょう。株式投資は預貯金と異なり元本保証がないため、株価の値下がりが続けば、購入価格を下回り損することもあります。しかし、値下がりリスクを小さくすることならできそうです。

■株価の「割高」「割安」とは?

 株式の世界ではしばしば「割高」「割安」という表現が使われます。業績に比べて株価が高い、資産が多いわりに株価が安い、という意味です。

 たとえば、1株当たり年100円の利益を稼ぐA社とB社があり、株価はA社が1,000円、B社が2,000円とします。A社株の株価は利益の10年分(1,000円÷100円)に相当しますが、B社株は利益の20年分です。A社とB社の稼ぐ利益が同じなら、A社が割安でお得、B社が割高ということです。

 このように、株価が利益の何倍かを示す指標をPER(Price Earnings Ratioの頭文字:株価収益率)といい、アルファベットの通りピーイーアールと読みます。PERで使う利益はすでに確定した実績値ではなく、予想値(現在なら2021年12月期や2022年3月期)を使います。

  1株当たり利益 株価 PER
A社 100円 1,000円:株価は利益の10年分=PER10倍
B社 100円 2,000円:株価は利益の20年分=PER20倍

 しかし、A社の業績が下り坂ならどうでしょう。A社の株価は今後さらに下がる可能性があり、現在の価格が割安とは言い切れません。同様に、B社の業績が絶好調なら、投資家が期待する分だけB社の株価が高いのも当然です。

 このように、PERだけでは割高・割安を判断しにくいケースが多いのです。そこで、純資産を基準にした指標であるPBR(Price Book-value Ratio:株価純資産倍率)の登場です。こちらもアルファベット通りピービーアールと読みます。

 純資産とは資産額から負債を差し引いたものです。会社を解散して現金も本社ビルも機械も売り払い、借金も完済して手元に残る金額です。1株当たりの純資産は「解散価値」とも呼ばれます。純資産はすでに確定した実績値(2021年4-9月期)の数字を使います。

 1株当たり純資産をA社500円、B社2,500円としたのが次の表です。

  1株当たり純資産 株価 PBR
A社 500円 1,000円:株価は純資産の2倍=PBR2倍
B社 2,500円 2,000円:株価は純資産の0.8倍=PBR0.8倍

 A社株は1株500円相当の純資産をもつ権利に1,000円と、倍の株価が付いています。将来、この会社が利益を上げて現金や設備を増やしていくシナリオを、株式市場が先取りしているわけです。

 注意してほしいのはPBRが1倍を下回る企業。株価が解散価値を下回っている状態です。B社株は2,500円分の資産をもつ権利に対して市場の評価=株価がまだ2,000円と割安にみえますが、市場が将来における純資産の目減りを予想している可能性もあるのです。

 東証1部全銘柄(11月12日現在)のPERは16倍、PBRは1.33倍です。日本株の市場評価額は、利益の16年分、純資産の約3割増しということです。ただ、この数値と単純に比べるだけで割安株とは判断できません。「業績が伸びているにもかかわらずPERが低い」「黒字経営で純資産が増えていきそうなのにPBRは1倍割れ」といった視点が大切です。

 以下の銘柄は、四つのポイントでセレクトしました。株価再評価の余地を期待できそうな銘柄でもあります。ぜひ参考にしてください。

  • およそ10万円以下の低予算で買える
  • PERまたはPBRが低い
  • 業績が上向いている(今期の増収または増益を予想、業績予想の上方修正を発表)
  • 配当あり