つみたてNISA、インデックスファンドで、みんな悩んでいた!

 早いもので、2021年ももう折り返し。そこで今回は、2021年上半期に掲載された本連載の中から、特に反響が大きかった記事TOP3を振り返るとともに、これらの記事を執筆した背景や、確実に押さえておいていただきたい「ツボ」についても解説します。日頃から連載をお読みいただいている方もぜひ、復習も兼ねて読み進めてみてください。

2021年上半期の反響が大きかった記事TOP3

TOP3 記事
1位 「つみたてNISAでインデックスファンド1本」がもったいない理由
2位 リターンを20年以上、出し続けている投資信託ってあるの?
3位 「インデックスファンド=低リスク」は不正解!新種のインデックスって?
注:公開日から2021年6月末までの閲覧数上位

 2021年上半期は、コロナ禍でライフプラン・マネープランを見直したという方、あるいは、ステイホーム期間中に重い腰を上げて「投資デビュー」をされたという方も多かったのではないでしょうか。

 本連載と、筆者が担当した他の記事でも、「つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」や「インデックスファンド」に関連したものには、特に大きな反響をいただきました。