facebook twitter
第1回商品先物取引入門「商品先物取引とは?」
吉田 哲
商品先物取引入門講座
商品先物取引とはどんな取引なのでしょうか?なかなか取引を行うまでには至らない、ちょっとハードルが高い存在・・・と感じる方も多いと思います。このコラムでは、「そもそも商品先物取引と…

第1回商品先物取引入門「商品先物取引とは?」

2017/3/1
「商品先物取引」とは、いったいどのような取引なのでしょうか?物の本をめくってみれば、「あらかじめ定められた期日に、現在の価格で取引することができる取引・・・」などと書かれているのを目にすることがあります。
facebook twitter メールで送る 印刷

「商品先物取引」とは、いったいどのような取引なのでしょうか?

物の本をめくってみれば、「あらかじめ定められた期日に、現在の価格で取引することができる取引・・・」などと書かれているのを目にすることがあります。

あらかじめ定められた・・・期限・・・現在の価格で・・・なにやら難しそうな言葉が並んでいます。難しそうな取引をこれから検討しようという方は少ない(というかほぼいない)とわたくしは思っています。

とかく、商品先物取引のルールは難解と思われがちですが、ここで連載するコラムを通じ、読者の方を、商品先物取引のできるだけ広い範囲について、理解を超えて納得の域に誘えるよう、分かりやすくお伝えしたいと考えております。

その初回となる今回は「商品先物取引」を認識する上での“位置づけ”の話です。

わたくしは、「商品先物」を表現する際の方法の一つに、「商品先物 = 商品 + 先物」という方法があると考えています。これは、商品先物取引とは何か?を表現する上で、最もシンプルで大切な方法であると考えています。

具体的に言えば、商品先物取引は、特有の変動要因を織り込みながら価格が変動する「商品(コモディティ)」という取引対象を、取引の種類の一つに数えられるレバレッジが効いて取引に期限のある「先物」で取引するもの、ということです。

対象が「商品」、取引の種類が「先物」、ということで「商品先物取引」ということなのですが、例えば、対象を「株価指数」に変えてみたらどうなるでしょうか。答えは「株価指数先物取引」、具体的な代表例は“日経225先物”ということになります。

また、取引の種類を「現物」に変えてみたらどうなるでしょうか。答えは「商品の現物取引」、具体的な代表例は「純金積立」ということになります。

図:身近にあるさまざまな「取引の対象」と「取引の種類」

出所:筆者作成

つまり、われわれの身近にあるさまざまな取引対象・取引の種類による組み合わせの一つに「商品先物取引」が存在するということです。逆に言えば、「商品先物取引」は、われわれの身近にあるさまざまな取引対象と取引の種類による組み合わせの一つにすぎない、ということです。

このことから言えることは、実は「商品先物取引」は、特別な人のための特別に難しい取引などということはなく、一般の投資家の方々がこれまでにさまざまな取引を通じて積上げてこられた知識や経験を活かすことができる場であるのではないか?ということです。

純金積立をされている方が肌で感じている金やプラチナの価格動向に関する知識、日経225先物を取引されている方が習得している先物特有の取引ルールについての知識、レバレッジが効いている日経225先物・信用取引・FX取引などの取引を行ったことがある人の経験・・・いずれも商品先物取引を行う上で大いに活用できるものであると思います。

心のハードルを少しだけ下げて改めて「商品先物取引」を見つめてみれば、何かわくわくする新しい発見があるものと思います。

次回は「商品先物取引」の“メリット”をお伝えします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第1回商品先物取引入門「商品先物取引とは?」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第1回商品先物取引入門「商品先物取引とは?」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。