ファンドアワードに注目!実は銘柄選びのヒントがいっぱい

 日本国内には、個人が購入できる投資信託が6,000本以上存在します。すべてを一つの金融機関で購入できるわけではないものの、「何を選べばよいのかわからない…」というのは、投資家の皆さんが抱える永遠のお悩みなのではないでしょうか。

 本コラム「投資信託のツボ」でも、投資信託の選び方についてたびたび取り上げてきましたが、今の時期にこそ注目していただきたいイベントがあります。それは、投資信託の評価会社などが公表する「ファンドアワード」です。ファンドアワードは世界各国で公表されていますが、日本では、楽天証券のほか、モーニングスター、リッパー、格付投資情報センター(R&I)といった企業などが、毎年2月から4月にかけて前年末時点のデータを基に、優秀な投資信託の銘柄(ファンド)を表彰しています。

 優秀なファンドとは、いったいどんなものでしょうか。表彰部門や評価期間などの違いはあれど、運用効率がよく、成績が安定した投資信託を表彰するという基本的なコンセプトは各社で共通しています。したがって、各社のアワードを「総なめ」にするファンドも毎年数本誕生します。1社だけでなく、複数社でアワードを受賞したファンドをチェックすることは、銘柄選びのヒントにもなります。

相場環境の影響を排除して、ファンドそのものを評価

 話をファンドアワードとファンド評価に戻しましょう。

 先述した、「運用効率のよさ」や「安定した成績」とは、つまり「リスク控除後」のリターンの高さです。ファンドアワードに限らず、ファンド評価の世界では一般的に、そのファンドが取ったリスクの大小を考慮に入れて評価を行います。

 単純なリターンではなく「リスク控除後」のリターンを重視するのは、運用成績に含まれる「偶然」や「まぐれ」の要素を極力排除するためです。リターンのみで単純比較すると、よかった成績が、例えば上昇相場で「げたを履かせてもらっていた」など環境要因の影響によるものか、見極めができません。そのため、リターンの根拠となるリスクの大きさを考慮に入れることで、身の丈に合った運用ができているかの判断が可能になります。