カネの切れ目は縁の切れ目。愛情が豊かな家庭でも、うまくいかない家計には不幸が忍び寄るものです。このシリーズでは、本当にあった家計の事件を取り上げ、やってはいけなかった行動と、解決の手段を紹介します。

お悩み

高金利をねらう新興国通貨への投資、安定収入が期待できる?

山崎幸次さん(仮名)会社員・50歳(既婚)

 山崎さんはこれまで株式投資を10年以上続けており、特にここ数年は米国株式への投資で大きく資産を増やすこともできました。子どもも独立したので、自分たちの老後について考える時間が増えていました。

 これまで株式投資で運用もうまくいっていましたが、将来のことを考えると値動きの大きな株式運用をするよりも、安定して運用収入を受け取れるほうがよいだろうと考えるようになってきました。

 高配当株式や投資信託での分散投資、ファンドラップなどさまざまな選択肢を検討していた山崎さんはあるとき、金融機関から届いた新興国通貨での運用の案内を見つけました。

「年間10%程度の金利を数年間受け取れる」という言葉を見て、これほど金利を受け取れるなら、多少の為替変動があっても安心感があるのでは? と検討してみることにしました。

 為替といえば、米ドルにはなじみがありますが、新興国通貨への投資は山崎さんにとって初めてのこと。為替も年間で見ると、値動きが大きくなることがあるとは理解していましたが、高い金利収入があれば、問題ないだろうと考えています。

 高い金利が付くことはとても魅力的に感じますが、この選択肢はうまくいくのでしょうか?