お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
50周年を迎えるラスベガスCES
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

50周年を迎えるラスベガスCES

2017/1/5
1月5日から8日までラスベガスのコンヴェンション・センターで開催される家電見本市CES(Consumer Electronics Show)は、今年でちょうど50周年となります。
facebook twitter 印刷する

【今日のまとめ】

  • CESは今年でちょうど50周年を迎える
  • ボイス・コントロールが注目を集めている
  • AIも同じく注目されている
  • ARも「Pokemon Go」の成功で広く認知されるようになった
  • VRは去年鳴り物入りで紹介された割には期待外れだった

50周年を迎えるCES

1月5日から8日までラスベガスのコンヴェンション・センターで開催される家電見本市CES(Consumer Electronics Show)は、今年でちょうど50周年となります。

主催者のコンシュマー・テクノロジー・アソシエーションによれば、去年の来場者数は17.7万人、出店者数は3,887社でした。

このイベントでは、コンピュータはもとより、電子ゲーム、オーディオ、車載エンターテイメント・システム、ウェアラブル、ロボット、スマート・ホーム、3Dプリンタなど、あらゆる消費者向けエレクトロニクス製品が出展されます。

ボイス・コントロール

今回のCESで最も注目されているテーマとしては、ボイス・コントロール(音声入力)による、さまざまなデバイスの制御が挙げられます。

その代表格はアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)のアレクサ(Alexa)というボイス・レスポンス・システムです。アマゾンはエコー(Echo)というスマート・スピーカーで既にアレクサを製品化しています。

アマゾンの狙いはアレクサを音声入力の標準インターフェースにすることです。

アレクサを搭載したガジェットとしては、スピーカーの他に、ウェアラブル・デバイス、空気清浄器、スプリンクラー・システムなどが出展される予定です。

アマゾン以外に消費者向けアプリケーションでボイス・レスポンス・システムを開発している企業としては、グーグルの親会社、アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)が挙げられます。

同社の場合、おもにグーグル・ホームというブランドで、スマート・ホームやIoT関連の商品を開発しています。

AI(人工知能)

ボイス・コントロールと表裏一体の関係にあるのがAI(人工知能)です。

AIは、やや過剰気味に使われているキャッチフレーズとなっており、今回のCESでもAIを搭載したドローンやロボット、自動運転車、果ては家具までも出展される見込みです。

AIに関連する銘柄としては半導体企業、エヌヴィディア(ティッカーシンボル:NVDA)があります。その他、インテル(ティッカーシンボル:INTC)クウァルコム(ティッカーシンボル:QCOM)なども出展する予定です。

AR(オーギュメンテッド・リアリティ)

つぎに注目を集めるテーマとしてはAR(オーギュメンテッド・リアリティ)を挙げることが出来ます。去年、「Pokemon Go」が世界的に大変人気を博したことで、ARは市民権を得たと言えると思います。

VR(ヴァーチャル・リアリティ)

この反面、去年のCESでずいぶん持て囃されたVR(ヴァーチャル・リアリティ)は、デバイスの価格が高価なこと、高度な処理能力を持つPCを購入しなければいけないこと、コンテンツが不足していることなどから期待されたほど普及しませんでした。

フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)はオキュラスというVR事業を展開していますが、経営が上手く行っておらず、最近、責任者を更迭したばかりです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください50周年を迎えるラスベガスCES

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

50周年を迎えるラスベガスCES

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。