facebook twitter
下値切り上げが終了し、レンジの維持が焦点に
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

下値切り上げが終了し、レンジの維持が焦点に

2017/4/3
3月末を迎えた先週金曜日(3月31日)の国内株市場ですが、日経平均の終値は18,909円となりました。節目の19,000円を割り込んでしまったほか、月足ベースでも3カ月ぶりの下落に転じています。
facebook twitter メールで送る 印刷

3月末を迎えた先週金曜日(3月31日)の国内株市場ですが、日経平均の終値は18,909円となりました。節目の19,000円を割り込んでしまったほか、月足ベースでも3カ月ぶりの下落に転じています。

(図1)日経平均(日足)の動き(2017年3月31日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

いつもの通り、足元の状況を上の図1の日足チャートで確認してみます。

先週の値動きで目立つのは、やはり月末の大きな陰線です。日経平均は週初に19,000円台割れを見せたものの、その後は回復。3月権利落ち日にあたる29日(水)の取引でも、配当落ち分の下落をこなしていただけに、最後の最後に大きな下落を見せたことで相場のムードに影を落としてしまった印象です。75日移動平均線も上値を抑える存在として意識されているようです。

また、日経平均の値動きは3月21日を境として、上値と下値の「切り上げ」から「切り下げ」へと変化しており、トレンドの転換に警戒しておく必要が高まってきました。

今年に入ってからの値動き(2017年1月~3月)を振り返ってみますと、この期間の値幅が約1,000円のレンジ相場で、足元の日経平均はまだこのレンジ内での推移に収まっていますし、日経平均の25日移動平均線のエンベロープを見ても、25日移動平均線を挟んで上下3%の乖離内で収まっています(下の図2)。

(図2)日経平均(25日移動平均線)のエンベロープ(2017年3月31日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEED for Macを元に筆者作成)

そのため、目先の注目点はレンジの維持となり、日経平均の水準としては年初来安値である18,650円割れを回避できるかになります。

先週末の日経平均(18,909円)と比べると、まだ250円ほどの下値余地がありますが、再び図1に視点を移すと、下向きの25日移動平均線が75日移動平均線に接近していることが分かります。このまま下抜け(デッド・クロス)を見せてしまうと、下値トライの動きが加速してしまうことも考えられるため、注意が必要です。

仮にレンジを抜けてしまった場合は、エンベロープの±6%乖離の範囲が意識されそうです。図2にある、昨年11月~12月の上昇局面を見ても分かるように、この数年の日経平均は6%程度の乖離が上振れや下振れの目安として機能することが多いです。

最後に、もう少し長いレンジで現在の日経平均の位置を探ってみます。

(図3)日経平均(週足)の線形回帰トレンド(2012年11月~)

(出所:MARKETSPEED for Macを元に筆者作成)

上の図3は、アベノミクス相場が始まったとされる2012年11月を起点とした、日経平均(週足)チャートと線形回帰トレンドです。

回帰トレンドの説明は前回に譲りますが、ここでは、株価が中心線よりも上にあるか、下にあるかで見ていきます。株価が中心線よりも上にあれば強め、下にあれば弱めというわけです。

ここ数カ月の日経平均は中心線が上値の抵抗として機能していることが分かります。そのため、今後のシナリオとしては、①「このままもみ合いと続けながら2万円を目指す」、②「中心線と-1σ(シグマ)ないしは-2σに挟まれた弱めのレンジ相場」のふたつが有力候補といえそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください下値切り上げが終了し、レンジの維持が焦点に

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

下値切り上げが終了し、レンジの維持が焦点に

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。