為替ヘッジあり・なし、どっちがいいの?

 米ドルやユーロなど、外貨建ての資産に投資していても、国内籍投資信託の基準価額はすべて日本円で算出されます。このため、外貨建て資産に投資するファンドの場合、日本円で基準価額が算出される段階で為替変動の影響を受けることになります。円が主要通貨に対して上昇する円高の状態は、外貨建て資産に投資するファンドの収益を目減りさせてしまいます。為替ヘッジは、こうした為替変動の影響を抑えるための「保険」のような機能です。

 近年は、「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」がペアで展開されている投資信託も増えました。「為替ヘッジあり」の投資信託を選べば、為替変動の影響を気にすることなく海外の株式や債券に投資することができます。

 ただし、為替ヘッジにはコストがかかります。この費用は、運用されている資産(信託財産)から差し引かれるため、投資家が直接支払うわけではないものの、基準価額にはマイナスの影響を及ぼします。

 他方、「為替ヘッジなし」とは、為替変動に対して何も「保険」をかけていない状態のことで、為替が円高に振れると収益は目減りしますが、反対に円安に振れたときは為替差益が収益に上乗せされます。

 では早速ですが、今回もクイズを通して為替ヘッジについて理解を深めていただきましょう。

クイズ次の説明で、正しいものには〇を、間違っているものには×を付けてください
  1. 為替ヘッジのコストは一定である
  2. 部分的に為替ヘッジを行うファンドもある