お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
海外市場の投機筋の動向について
吉田 哲
商品先物取引入門講座
商品先物取引とはどんな取引なのでしょうか?なかなか取引を行うまでには至らない、ちょっとハードルが高い存在・・・と感じる方も多いと思います。このコラムでは、「そもそも商品先物取引と…

海外市場の投機筋の動向について

2017/10/12
金や原油、とうもろこしなどは海外の先物市場で活発に取引されている“国際商品”です。このため国内商品先物市場におけるこれらの銘柄の値動きには海外市場の動向が深く関わっています。今回は、米国の先物市場を見る上で重要な「投機筋の動向」についてご紹介します。
facebook twitter メールで送る 印刷

 国内商品先物の価格の変動要因は大きく3つに分けられます。(1)海外市場の動向、(2)ドル円、(3)国内市場の独自材料です。

 今回、注目するのは(1)。金や原油、とうもろこしなどは海外の先物市場で活発に取引されている“国際商品”です。このため国内商品先物市場におけるこれらの銘柄の値動きには海外市場の動向が深く関わっています。海外市場の代表格と言えば世界最大規模の“米国の先物市場”です。

 そこで、米国の先物市場を見る上で重要な「投機筋の動向」について見ていきましょう。投機筋の動向を見る際は、投機筋の買い建玉の枚数から売り建玉の枚数を差し引いた“買い越し高”に着目します。

 以下は米国の金先物市場の価格動向と、その金先物市場で取引をしている投機筋の買い越し高の推移です。

図:米国の金の先物市場の価格動向(右軸)と、同市場で取引をしている投機筋の買い越し高(左軸)の推移

出所:CME、CFTCのデータをもとに筆者作成

 2016年1月ごろ、投機筋の買い越し高の値がマイナスになっていますが、これは買い建て玉の枚数よりも売り建玉の枚数が多いことを示しています。

 2つは同じような動きをしていることがわかりますが、細かく見ると金価格のほうが若干早く動いているように見えます。

 これは、投機筋が価格の動きに追随しながら機動的に動いているためだと考えられます。投機筋は短期的な金価格のトレンドの転換に乗じ、ポジションを取っていると見られます(価格が上昇トレンドに転換すれば投機筋は買い越し幅を拡大、価格が下落に転換すれば買い越し幅を縮小)。

 投機筋が機動的に転換後のトレンドと同じ方向にポジションを取ることは、価格の振幅の短期的な拡大要因になると考えられます。

 このように、海外の先物市場における値動きと投機筋の動きは密接に関わっているのです。

 海外市場の代表格である米国の商品先物市場の投機筋の動向については、米国のCFTC(商品先物取引委員会:Commodity Futures Trading Commission)が、毎週火曜の取引終了時点の内容をその週の金曜日(日本時間の土曜未明)に公表しています。

 その内容は、楽天証券の商品先物専用取引ツールである「マーケットスピードCX」の「ニュース」の欄で確認できます。

図:楽天証券の商品先物専用ツール「マーケットスピードCX」の「ニュース」画面

出所:マーケットスピードCXの画面より抜粋

 上図は、「マーケットスピードCX」の「かんたんモード」で、「情報」欄の「ニュース」より、「貴金属」を選択し、「ファンダメンタルズ一覧(金・銀)」をダブルクリックした後のものです。

 画面下部に表示されたニュース本文の中ほどに、「米CFTC建玉明細報告の大口投機家」という箇所があり、その中のNY金の欄を参照します。上図は前週に比べて買い越し高が8,739枚減少した例です(前週の21万2,594枚から20万3,855枚に減少)。

 原油やとうもろこしについても、マーケットスピードCXにて金と同様に米国の先物市場の投機筋の動向を確認することができます。原油の場合は「エネルギー」、とうもろこしの場合は「穀物」を選択の上、「ファンダメンタルズ一覧」をダブルクリックします。

 

 ぜひ、海外の投機筋の動きをチェックして、世界のコモディティ市場の大局をつかんでみましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください海外市場の投機筋の動向について

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

海外市場の投機筋の動向について

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。