facebook twitter
1年で40%超上昇の銅価格。関連株の動きは?
吉田 哲
週刊コモディティマーケット
コモディティ(商品)をお取引いただく上でのコメント・アイディアを提供するレポートです。金をはじめとした貴金属、原油をはじめとしたエネルギー関連銘柄、とうもろこし・大豆などの穀物な…

1年で40%超上昇の銅価格。関連株の動きは?

2017/9/14
・今後も中国を中心とした世界的な景気回復期待を背景に上値を伸ばす可能性がある。
facebook twitter メールで送る 印刷

●この1年間で銅価格は40%超の上昇
今後も中国を中心とした世界的な景気回復期待を背景に上値を伸ばす可能性がある。

●消費の中心は中国。中国の消費量は世界の消費量のおよそ半分
2016年の後半以降、中国が鉄道などインフラ投資を拡大している影響が出ている。製造業で設備投資が回復していることも貢献。

●昨年の後半以降、銅だけでなく、天然ゴム、鉄鉱石、石炭などの市況も上昇傾向
複数の一次産品価格の上昇は中国をはじめとした世界的な需要が拡大していることが背景。

●銅価格の回復
銅鉱山で巨額の減損を出した非鉄・商社など銅関連株の株価後押し要因となる。

足元の銅価格は上昇傾向です。以下は世界の銅価格の指標であるロンドン金属取引所(London Metal Exchange以下LME)の銅価格の推移です。

図:銅価格の推移 (LME銅3か月もの) 単位:ドル/トン

出所:ブルームバーグのデータより筆者作成

 

この1年間で銅価格は40%超の上昇

今後も中国を中心とした世界的な景気回復期待を背景に上値を伸ばす可能性がある

 2000年代に入り、それまで1トンあたり2,000ドル近辺で推移していた銅価格は8,000ドル近辺まで大きく上昇しました。新興国の需要急増が背景にあります。この上昇傾向は銅のみならず、石油や工業用途の割合が高い他の金属でも見られました。

 その後、リーマン・ショック後の急落したものの、世界的な金融緩和、それによる世界的な景気回復・需要増加により価格は再び上昇し、2011年前半には9,000ドルを超えました。その後は、銅鉱山の新規開発が進み供給能力が拡大したこと、米国の金融緩和の終了・出口戦略の模索が始まったこと、2014年後半からは原油価格が急落・低迷(逆オイルショック)したことなどで下落基調となりました。

 しかし、2016年に入り低迷していた原油価格が反発。米中等の景気回復期待の高まりなどを背景に底堅い値動きとなりました。2017年後半に大幅反発となりましたが、このタイミングは米大統領選挙の結果を受けて今後の世界経済の先行きに大きな変化が生じる見通しが出た場面です。また、OPEC(石油輸出国機構)と一部の非OPECが協調減産を実施することで合意したタイミングでもありました。

 2016年9月におよそ4,600ドル/トンだった銅価格は2017年9月には6,900ドル/トンまで上昇しました。世界経済が大規模な金融危機を回避しながら停滞せずに(良くも悪くも)変化し続けていることが銅の需要が拡大する期待を高め、価格を上昇させていると言えそうです。
 

消費の中心は中国。中国の消費量は世界の消費量のおよそ半分

2016年の後半以降、中国が鉄道などインフラ投資を拡大している影響が出ている。製造業で設備投資が回復していることも貢献

図:銅の消費量 上位10か国 (2017年6月時点) 

出所:ブルームバーグより筆者作成

 上図は世界の銅消費量(精銅)のランキングです。世界の消費量の半分を中国が占めていることがわかります。2位の米国との差はおよそ85万トンと大きく開きがあります。インドは台湾よりもわずかに少なく11位でした。

 銅は、電線などの社会インフラに加え、自動車や工業製品にも広く用いられるため、消費の上位国の景気動向に需要が影響を受けます。また、圧倒的に高い消費シェアを占める中国は①広大な面積で②人口が多く③経済発展が継続しているため電線等のインフラ向けの需要の多さも目立ちます。

 以下は中国国内の事情を示す指標です。物価は経済の体温を、李克強指数は同国の鉄道貨物輸送量、銀行融資残高、電力消費を指数化したより実態に近い経済動向を、そして鉄道等の固定資産投資はまさに銅が用いられる分野への投資の動向を示しています。

図:中国生産者物価指数と銅価格

出所:ブルームバーグより筆者作成 

 

図:李克強指数と銅価格

出所:ブルームバーグより筆者作成

 

図:鉄道等固定資産投資と銅価格

出所:ブルームバーグより筆者作成

 2011年ごろに天井を打ち、その後下落基調になった銅価格が下げ止まったのは2015年後半から2016年にかけてですが、上記の各種指標が底打ちあるいは上向きはじめたのもこのころからでした。中国が銅の消費の半分を占めていることから考えれば、中国経済、特に同国のインフラ投資の分野が好転すれば、銅価格は上向くと見られます。

昨年の後半以降、銅だけでなく、天然ゴム、鉄鉱石、石炭など市況も上昇傾向

複数の一次産品価格の上昇は中国をはじめとした世界的な需要が拡大していることが背景

以下は銅(LME)、天然ゴム(上海期貨交易所)、鉄鉱石(シカゴマーカンタイル取引所)、石炭(豪ニューカッスル炭)の価格動向を示したものです。

図:各種一次産品の価格動向(2016年1月末を100として指数化)

出所:ブルームバーグをもとに筆者作成

 

 2016年の年初以降、銅のみならず、石炭、鉄鉱石、天然ゴムの価格が上昇傾向にあることがわかります。振れ幅は大きいですが、2017年9月13日時点の価格は2016年1月末比、銅が1.46倍、石炭が1.69倍、天然ゴムが1.65倍、鉄鉱石が1.87倍になっています。また、以下は各種一次産品の輸入額の上位10位です。

図:鉄鉱石の輸入額 (2016年) 単位:千ドル

出所:UNCTADのデータより筆者作成

図:天然ゴムの輸入額 (2016年) 単位:千ドル

出所:UNCTADのデータより筆者作成

図:石炭の輸入額 (2016年) 単位:千ドル

出所:UNCTADのデータより筆者作成

図:銅の輸入額 (2016年) 単位:千ドル

出所:UNCTADのデータより筆者作成

 いずれも1位が中国で2位以下を大きく引き離しています。これらの価格が上昇傾向にあること、そしてこれらの輸入シェアのトップが中国であることを考えれば、中国の一次産品の輸入が比較的堅調である、つまり中国経済は底堅く成長していると言えそうです。

銅価格の回復

銅鉱山で巨額の減損を出した非鉄・商社など銅関連株の株価後押し要因に

 世界各地の銅鉱山への投資を積極的に行っているのは、非鉄や商社に分類される会社です。銅の鉱石を仕入れて精錬する事業(銅精錬事業)は、かつては非鉄に関わる会社の主力事業とされました。2000年代に入ると世界的に銅鉱山の力が強まり、精錬によるマージンが縮小したため、方針を転換し、鉱山開発の投資を増加させました。

 このような動きを背景に、銅価格が非鉄に関わる非鉄・商社の会社の収益へ大きく影響するようになりました。以下は、2016年9月1日を100とした銅価格と銅と関わりが強いとみられる非鉄・商社の株価の推移です。2016年9月1日を100としています。

図:銅鉱山への投資額が大きい日本企業の株価と銅価格の推移 (2016年9月1日を100)

出所:ブルームバーグより筆者作成

※三井金属鉱業(5706)の2017年9月13日現在の値は276.5でした。

 銅価格の上昇は関連する会社の収益向上に貢献・株価の上昇につながっているようです。このような会社へ投資をする際は、銅価格の動向に注目することが必要です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください1年で40%超上昇の銅価格。関連株の動きは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

1年で40%超上昇の銅価格。関連株の動きは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。