スマホ決済アプリを徹底比較!お得なのは?

 スマホ決済アプリは、携帯電話会社やネット企業、コンビニなどが、サービスを提供しています。共通点は、

●店舗での買い物がスマホ一つで完結すること
●決済手段は、アプリと紐づけした銀行口座※1やクレジットカードで行われること
●買い物した金額に応じて、ポイントが還元され、多くのスマホ決済では期間限定のお得なキャンペーンが次々と繰り出されていること
●実店舗での買い物の際に還元されたポイントに加え、ネットショッピングで貯めたポイント、フリマで稼いだ売上高などをポイント化して、買い物に使えること
●買い物だけでなく、同じ決済アプリを使う友人などと送金、送金依頼、割り勘などを利用できるサービスもあること、などがあります。

※1 銀行口座には対応している企業とそうではない企業があります

「〇〇ペイ」と名付けられたサービスが多く存在していますが、それぞれ、どんなサービスを提供しているか、比較します。

楽天グループの「楽天ペイ」

「楽天ペイ(アプリ決済)」は利用者数や総合満足度、ポイントが使いやすく貯まりやすい決済アプリで顧客からNo.1の評価を得ているスマホ決済サービスです。※QRコード決済利用実態調査、有効回答=1,000、2019年2月13日実施、インターネット調査、調査主体:楽天、調査実施機関:インテージ

「楽天ペイ(アプリ決済)」の引き落とし元として設定できるのは、「楽天カード」のほかに、VISAかMastercardブランドのクレジットカードや、楽天スーパーポイントの充当、楽天カードや楽天グループのフリマアプリ「ラクマ」の売上金などでチャージできるオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」です。 

 クレジットカードから現金をチャージするステップは必要なく、「楽天ペイ(アプリ決済)」で買い物した金額がのちのち登録クレジットカードから引き落とされる後払い(ポストペイ)方式が主な支払い方法です。ある意味、「楽天ペイ(アプリ決済)」という「入口」を利用して、後払いのクレジットカード決済を行っている、と考えてもいいでしょう。 

 クレジット決済のため、紐づけたクレジットカードのポイントを必ず二重取りできます。還元率が1%の「楽天カード」を登録すれば、「楽天ペイ(アプリ決済)」の利用で0.5%分、「楽天カード」決済の1%分のポイントが還元され、合計1.5%分のポイントが常時、還元されることになるのです。 

 ポイント還元については「買い物したあと、いつ、ポイントが付与されるか」も重要です。還元されたかどうか、こまめにチェックしましょう。 

 また、「楽天ペイ(アプリ決済)」の決済画面で「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れておくと、保有する楽天スーパーポイントや楽天キャッシュを優先して決済に使うことも可能です。期間限定ポイントを消化するにも非常に便利です。 

ソフトバンク・ヤフー系列の「PayPay」

 昨年末、「100億円あげちゃうキャンペーン」を行って話題を呼んだ「PayPay」はソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が提供するスマホ決済サービスです。

 決済にはクレジットカードのほか、銀行口座や系列の「ヤフーカード」からチャージできる「PayPay残高」が使えます(9月30日までは「Yahoo!マネー」も使用可能でしたが、9月30日以降は「PayPay」に統合予定)。

 後払い方式のクレジットカードで決済する方法もありますが、その場合の「PayPayボーナス」の付与率は0.5%です。

 系列のヤフーカードや銀行口座からチャージできる「PayPay残高」で決済した分には、支払い額の3%のポイントが付与されます。ヤフーカードを使えば、「PayPay残高」にチャージする際、クレジットカードのポイント還元1%を二重取りできるので、付与率は4%にアップします。

 ヤフーカードや「PayPay残高」を決済に使った場合、20回に1回の割合で買い物金額が全額戻ってくる(最大1,000円まで)「PayPayチャンス」という宝くじのようなサービスもあります。

 コンビニの「セブンイレブン」でも使えるなど決済可能な店舗も多く、お得なキャンペーンを次々と繰り出しているのが「PayPay」の魅力です。ただし、ネットショッピングは、今のところ、Yahoo!ショッピングやヤフオクなど、主にグループ企業のサイトだけでしか利用できません。

 また、ポイントが付与されるのは、原則として決済の翌月20日前後とタイムラグがあり、楽天ペイのように2~3日のうちにすぐポイントを付与されて使う、ということはできません。