37年前の今日…

1982(昭和57)年3月1日

青春18きっぷの販売開始

 今から37年前の1982年3月1日、国鉄(日本国有鉄道)から、「青春18のびのび切符」(現在の青春18きっぷ)の販売が開始されました。

 発売当時は、1日有効券と2日間有効券の各2枚つづりで8,000円と、比較的リーズナブルな価格で発売されました。

 青春18きっぷは、若い世代の里帰りや鉄道旅行促進をねらった商品ですが、購入年齢に制限はありませんでした。発売年度には、春・夏の2季(当時は冬季は発売せず)合わせて7万4,000枚を売り上げ、若年層だけでなく、幅広い年齢層で大好評となりました。

「青春18きっぷ」は、同じ年に発売された「フルムーン夫婦グリーンパス」(年齢合計が88歳以上の夫婦を対象に、一部を除いたJR線のグリーン車が自由に乗り降りできる切符) の販売数6万6,000枚を大きく上回り、国鉄最大のヒット商品とも言われています。

 現在ではJR全線の普通列車、快速列車などが1日乗り放題となる乗車券5枚セットが1万1,850円で販売されています。

 

1982年3月1日の日経平均株価終値は

7,327円44銭

算出開始後「3月1日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:38回

値下がり:17回

ライター: FIX JAPAN 前沢ともあき