54年前の今日…

1965(昭和40)年2月19日

日本サッカーリーグが発足

  今から54年前の1965年2月19日、日本サッカーリーグが発足しました。

 日本サッカーリーグは通称「JSL」と呼ばれるアマチュアの実業団リーグで、目的は日本サッカーのレベルの向上でしたが、アマチュア競技で全国レベルのリーグ戦を日本で行ったのはサッカーが初めてのことでした。

 記念すべきファーストシーズンに参加したのは、東洋工業、八幡製鉄、古河電工、日立本社、三菱重工、豊田織機、ヤンマー、名古屋相互銀行の8チーム。

 このリーグで代表的な存在ともいえるヤンマー所属の釜本邦茂氏は、日本サッカー界最高のストライカーと呼ばれ、1968年のメキシコオリンピックでは7得点をあげ、日本代表の銅メダル獲得に貢献しました。

 銅メダルを獲得したことで、国内にサッカーブームが起こり、JSLの観客も大幅に増加。JSLは1992年まで活動を続け、翌1993年にJリーグがスタート。サッカーはいまや、国民的スポーツの一つとなりました。

 

1965年2月19日の日経平均株価終値は

1,237円35銭

算出開始後「2月19日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:25回

値下がり:27回