facebook twitter
アメリカ中間選挙の結果受け、NYダウ急騰!「ねじれ議会」が持つ意味とは
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

アメリカ中間選挙の結果受け、NYダウ急騰!「ねじれ議会」が持つ意味とは

2018/11/8
・米「ねじれ議会」に、日米株式は異なる反応
・ねじれ議会のプラス・マイナス
・7日の日経平均は、共和党優勢で上げ、民主党優勢で下げた
・今後、日米の株はどう動くか?
facebook twitter メールで送る 印刷

米「ねじれ議会」に、日米株式は異なる反応

 米中間選挙の結果が判明しました。トランプ大統領の率いる共和党は、上院で過半数を維持しましたが、下院では野党・民主党が過半数を奪還。いわゆる、「ねじれ議会」になりました。野党が下院を抑えたことで、トランプ大統領の政策推進力には、一定の抑止力が働く見込みです。

 今回は、注目の高い中間選挙だったため、従来の中間選挙よりも高い投票率となりました。これまで投票に行っていなかった浮動票層に、民主党支持層が多かったため、投票率の上昇が民主党に優位に働いたと考えられます。

 今回の米中間選挙の焦点は、上院・下院とも過半数の議席を有する共和党が、それぞれ過半数を維持できるかでした。事実上、米国民によるトランプ大統領の信任投票と見られていました。事前の世論調査では、民主党が僅差で支持率でリードしていました。選挙結果は、ほぼ世論調査に基づく、事前の市場予想通りだったと言えます。

 この結果に対し、日米の株式は異なる反応を示しました。日経平均は前日比61円安の2万2,085円と小反落しました。一方、NYダウは、米中間選挙という重要イベントが、事前の市場予想通りの結果となった安心感から買いが増え、前日比545ドル高の2万6,180ドルと大幅続伸しました。

 NYダウが大幅に上昇したのを受け、今日は日本株にも買いが広がりそうです。

ねじれ議会のプラス・マイナス

 中間選挙で、上院下院とも共和党支配の状況が終わり、下院は野党、上院は与党が支配する「ねじれ議会」に変わりました。これには株式市場から見て、プラスとマイナスがあります。

 プラス面は、トランプ大統領の暴走に、一定の抑止力がかかること。イランや中国に対する強硬策に、一定の歯止めがかかる可能性があります。イランからの原油輸入禁止が緩和されれば、イラン産原油の供給減少に対する不安が低下し、原油価格の高騰を抑える要因となります。これは、世界経済および株式市場にプラス材料です。

 貿易戦争に与える影響は不透明です。対中国での強硬策は、共和党も民主党も大きな主張の差はないからです。それでも、対中制裁をエスカレートさせることには、一定の歯止めがかかる可能性があります。対中制裁が、米国経済にも悪影響を及ぼす不安が出始めていましたが、その不安はやや緩和されます。その思惑からか、7日の米株市場では、中国関連株の米キャタピラーが大きく上昇しています。日本やEU(欧州連合)に対する、通商面での強硬策がどうなるかは、不透明ですが、ドイツ国内からは、米ねじれ議会の選挙結果に、安堵の声が出ています。

 株式市場へのマイナス面としては、トランプ大統領がさらにやろうとしていた景気刺激策が、やりにくくなることが挙げられます。トランプ大統領は、米中間層への減税や、公共投資の積み増しを示唆していました。これは、下院を押さえた民主党が、財源がないことを理由に認めない可能性が高いと考えられます。ただ、それで人為的に米景気を過熱させることなく、ゆるやかな景気拡大が続くとの見方もあります。

 もう一つ想定されるマイナス材料は、米ロ関係の悪化です。下院を押さえた民主党は、トランプ大統領のロシア疑惑追及を強めるでしょう。ロシア国内からは、民主党の勝利を不安視する声が出ています。

 とはいえ、7日の米国株は、民主党が大勝しなかったことへの安堵感で上昇したとも言えます。イベント通過で、不透明感が低下したことが好感されたというのが、一番の理由と考えられます。

 

7日の日経平均は、共和党優勢で上げ、民主党優勢で下げた

 日経平均は、ねじれ議会を単純に嫌気した動きとなりました。7日の日経平均は、下院の確定議席速報に反応して、午前中に上昇し、午後、下げました。

日経平均:11月7日の動き

 

 日経平均は、以下の開票速報(獲得議席の途中経過)に反応していたと考えられます。

 

日本時間の7日午前午後に流れた開票速報、下院の確定議席

9時:共和党4議席・民主党7議席

10時:共和党26・民主党33

11時:共和党61・民主党57(共和党の方がこの時点で確保議席が多い)

13時:共和党150・民主党150

14時:共和党173・民主党189

15時:共和党189・民主党203(民主党の過半数奪還は確定的に)

16時:共和党195・民主党209

 出てきた結果は、事前コンセンサス通りですが、選挙直前に共和党が支持率で民主党を急追していましたので、その勢いで共和党が勝つという予想も一部に出ていました。そのため、下院で民主党が勝ったのに対し、ネガティブに反応しました。

 

今後、日米の株はどう動くか?

 選挙結果そのものは、おおむね市場予想どおりでした。今後の株式市場の注目は、選挙からファンダメンタルズ(景気・企業業績)に戻ると考えられます。具体的には、以下3つが重要です。

  1. 米中貿易戦争の行方、貿易戦争の影響で悪化しつつある中国景気の先行き
  2. 米FRBの利上げスタンス、トランプ大統領は利上げを進めるFRB批判を強めるか
  3. 日米の企業業績 業績モメンタムは好調を保つか、低下していくか

 日本の9月中間決算の発表は、終盤に差し掛かりつつあります。9月中間決算については、来週まとめます。日米の企業業績のモメンタムによって、日米の株の方向性が決まると思います。

 

 

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

11月6日:米中間選挙後、トランプは「豹変」するか?ベストシナリオとワーストシナリオ

11月5日:日経平均急反発でも、短期的な下値リスクは払拭できず・米中間選挙に注目

10月29日:景気ピークアウトが視野に。それでも日本株は買い場と考える理由

 

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:注目される『脱プラスチック』の動き

今日、あの日:トランプ米大統領当選【2年前の11月8日】

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいアメリカ中間選挙の結果受け、NYダウ急騰!「ねじれ議会」が持つ意味とは

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

アメリカ中間選挙の結果受け、NYダウ急騰!「ねじれ議会」が持つ意味とは

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。