facebook twitter
マーケットスピードⅡが生む新戦略。プロ投資家の思考回路を上回れ
トウシル編集チーム
特集記事

マーケットスピードⅡが生む新戦略。プロ投資家の思考回路を上回れ

2018/10/28
楽天証券のトレーディングツール「マーケットスピード」が10月28日(日)、「マーケットスピードⅡ」に進化しました。マーケットスピードは毎年バージョンアップが行われて常に最新の機能が取り入れられてきたツール。後編では、マーケットスピードⅡの新機能を生かした新しいトレード戦略について見ていきます。
facebook twitter メールで送る 印刷

「損小利大」を一歩先に進める、5つのアルゴ注文

「ひと目でマーケットやお気に入り銘柄の温度感がつかめるように」
楽天証券マーケットスピードⅡ開発担当 長谷川拓実

 

 マーケットスピードⅡの改善・強化のポイントは、1.圧倒的な情報量、2.操作性の良さ、3.最新のアルゴ注文の実装です。1と2については前回解説したので、今回は3を詳しく見ていきましょう。

前回:マーケットスピードⅡ、誕生秘話。世界のプロ投資家と戦うために今、必要な武器

 新たに実装されたアルゴ注文には、トレイリング、スナイパー、アイスバーグ、リザーブ、リンクの5つがあります。

 トレイリング(図2)は損失を抑えつつ、利益を伸ばしたいときに使える注文です。逆指値注文をリアルタイムに自動修正する自動売買のこと。一定の値幅(例えば100円)を指定すると、株価の上昇に従って逆指し値を切り上げて、反落したところで売ることができます。

図2 トレイリング注文

 スナイパーは、自分の注文を他の投資家に見せたくないときに使う注文。1,000円で発注したいとき、1,000円の売り物がなければ待機モードに入って待ち伏せ。1,000円で発注していることが他の投資家にはわかりません。取引の薄い銘柄取引などでは威力を発揮します。

 アイスバーグ(図3)は、1万株を発注したいとき、いきなりすべてを見せるのではなく、まず1,000株の注文を出し、約定すると次の注文を出す「氷山の一角」しか見せないような注文方法。実は、これはプロがよく使う手法だと言います。

図3 アイスバーグ注文

 

「リザーブ」は、発注し忘れないよう予約しておきたいときに使います。例えば決算発表前に注文する、塩漬けにしてある株が買値まで上昇したら売りたいというような「遠い注文」に便利です。

「リンク」は連続した注文を最大連続10注文まで事前に登録できる注文です。「A銘柄の現物買い→A銘柄の売り→B銘柄の信用買い建て」というように連続した注文を出しておくことができます。長期出張に出るのでしばらく取引ができないとか、土日の時間のあるときにまとめて注文を出したいというときに使えます。

 5つのアルゴ注文をすべて実装しているのは主要ネット証券(売買代金上位6社)のツールでは、マーケットスピードⅡだけ(2018年6月末時点)。アイスバーグとスナイパーは主要ネット証券で初めて実装しました。

「簡単で自由」は全投資家に必要。新しい投資アイデアとは?

「投資家目線で見て、投資アイデアが刺激される」
楽天証券経済研究所 シニアマーケットアナリスト 土信田雅之

 では、マーケットスピードⅡをどのように使いこなすことができるのでしょう。投資家の目線でマーケットスピードⅡを使ってみた楽天証券経済研究所・シニアマーケットアナリストの土信田雅之の感想は、「1.基本的なことがより強化されている、2.自由度がアップし応用が効く、3.投資アイデアを刺激するツール」ということでした。

 基本が簡単で自由、という一見、初心者向けの改善とも思いそうだが、それは違う。トレードが高頻度なほど、利益を積み重ねたい人ほど、綿密な分析をしたい人ほど、いかに簡単で早く操作できるかが、勝敗を左右する。簡単さの追求は、どの投資家にとってもメリットをもたらす必須条件なのだ。

 具体的にはこう。個別銘柄情報の画面ではあらゆる情報を一つにまとめて表示させることができます(図4)。従来のマーケットスピードでも銘柄リスト、マーケット、板情報、資産状況、情報1、情報2を一つの画面に並べることができましたが、マイページを開き手動で画面を出して並べるという手間がかかりました。「それがマーケットスピードⅡではデフォルトで搭載されています。またタブをクリックしてほしい情報を表示させることもできます」(土信田)

図4 あらゆる情報が1画面で見られる

 

 自由度アップは、移動平均線を使った売買例で説明してくれました。例えば13週移動平均線を表示させ、株価が移動平均線を上抜けするタイミングで買った時、利益確定ラインを切り上げつつ売り場を探ります。「シンプルなトレード手法ですが、的確に注文を出すためには常にチャートを見ていなければなりません。でもトレイリング注文とリンク注文を組み合わせたアルゴ注文を使うと、それが簡単にできるようになります」(土信田)。

 では、どのように銘柄を探せばいいのでしょう。チャートの形で銘柄を探す「チャート形状検索」を使ってくださいと土信田。スマホ版の「iSPEED」で多くの投資家に使われている人気の機能がマーケットスピードⅡにも実装されました。

 投資アイデアを刺激するでは、テクニカルチャートが便利になりました。指標の拡充と重ね合わせ表示。テクニカル指標ではエンベロープやHLバンドなどが追加されたり、トレンド系の重ね合わせ表示では、一目均衡表とボリンジャーバンドを重ね合わせることもできます。「チャートの急騰急落場面では、ニュースが見られるようになり、原因を探りやすくなりましたね」(土信田)。

 このように、マーケットスピードⅡは、個人投資家の要望を取り入れながら、より高機能でより使いやすく進化しました。有料のツールですが、無料の条件は実はとてもハードルが低いものになっています。ぜひダウンロードして、株式投資に役立ててください。

初代マーケットスピードの強みをうまく残せるかも課題だった

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいマーケットスピードⅡが生む新戦略。プロ投資家の思考回路を上回れ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

マーケットスピードⅡが生む新戦略。プロ投資家の思考回路を上回れ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。