facebook twitter
日本株は「ガマンの買い」が試される。雲行きの怪しさを吹き飛ばせるか?
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

日本株は「ガマンの買い」が試される。雲行きの怪しさを吹き飛ばせるか?

2018/10/9
・10月5日(金)の日経平均終値は2万3,783円。前週末終値からは337円安
・週初の日経平均は、これまでの勢いに乗って上値追いのムードが先行
・週末は売りに押される展開。ローソク足はほぼ「十字線」
・オプション取引、mini先物取引のSQで今週末の株価は変動を予測
facebook twitter メールで送る 印刷

 10月相場入りとなった先週の日経平均ですが、週末5日(金)の日経平均は2万3,783円で取引を終えました。前週末終値(2万4,120円)からは337円安、週足ベースでは4週ぶりの下落に転じました。

 前回、「売りの意識が強まりつつある」ことや、「ここから先の上値追いは、急ピッチな上昇による警戒感をこなしながらトライしていくことになりそう」と指摘しましたが、終わってみれば思ったよりも下げてしまった印象です。

 先週の株価下落によって、ここが「絶好の押し目買い」のチャンスなのか、それとも「ご都合主義のリスクオン」の修正なのかの見極めが今週の焦点になりそうですが、その注目点はどこにあるのでしょうか?

 いつもの通り、下の図1で足元の状況から見て行きます。

■(図1)日経平均(日足)の動き(2018年9月28日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 

 まずは先週の値動きをチェックです。週初の日経平均は、これまでの勢いに乗って上値追いのムードが先行していました。1日(月)に年初来高値を更新し、2日(火)の取引時間中には2万4,448円の高値をつけて、「2万5,000円台も視野に入った」という声も聞かれるような場面もありました。

 ただし、週末にかけては売りに押される展開へと転じました。また、ローソク足は、陽線の後に陰線が3本続き、週末はかろうじて陽線ながらほぼ「十字線」という並びになっていて、ムードの変化が感じ取れます。

「十字線」といえば、前回、週末のローソク足の形に注目し、2週続けて迷いを示す「コマ足」になっている点に注目しましたが、先週末はコマ足よりも迷いが強いとされる「十字線」が出現したことで、3週連続で迷いが感じられる格好となっています。

 しかし、同じ迷いを示す線でも、前の2週は上昇基調で出現していて、どちらかというと「まだ上昇できるだろうか?」というポジティブ寄りの迷いだったのですが、先週末の迷いは下落基調で出現しており、「まだ下げるかもしれない」というネガティブ寄りであると言えそうです。

 もちろん、急ピッチな株価上昇や、3連休を控えていることで利益確定の売りが出やすかったタイミングだったこともあり、先週の株価下落は当然の一服と捉えることができますが、早い段階で株価が反発できないと、今後の押し目買いにやや慎重にならざるを得なくなります。

 実際に、他のテクニカル指標を見てみると、平均足の陰転とMACDクロスの組み合わせや、エンベロープの+3%割れなどのように、トレンド転換や、勢いの鈍化を示すものも出てきています(下の図2と図3)。

(図2)日経平均(日足)の平均足とMACD(2018年10月5日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

■(図3)日経平均(日足)のエンベロープ(2018年10月5日取引終了時点)

出所:MARKETSPEED for Macを元に筆者作成

 

 とりわけ、エンベロープについてはここ何回かにわたってチェックしていましたが、そこで注目していたのは、日経平均が昨年の9月11月に見せた上昇局面と同じように、+3%と+6%の範囲内を往来しながら上昇できるかという点でした。

 結果的に、先週末5日(金)の「十字線」で+3%を下回ってしまいましたが、昨年も下回る場面がありながらも早期に回復してその後の一段高につなげています。そのため、引き続き+3%水準について行けるかどうかが注目されます。

 このように、短期のテクニカル指標はあまり良くないものが増えてきています。「相場は企業業績などを背景にして、株価は足元の小休止の後に再び上昇していく」というシナリオ自体はまだ崩れていないものの、この小休止の期間が長引いたり、深押しする展開への警戒度を強める必要が出てきたと思われ、今週は、こうした警戒を吹き飛ばす「ガマンの買い」が入るかが試される週となりそうです。今週末にオプション取引・mini先物取引のSQがあるため、需給的に株価は動きやすい地合いにあると言えます。

 そして、最後に中長期のチャートでも確認してみます。

■(図4)日経平均(週足)の動き(2018年10月5日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 週足のチャートを見ると、日経平均の上昇基調は維持されています。ただし、ひとつ気になる事があります。それは直近2週分のローソク足の組み合わせです。前回は日足チャートで紹介した「包み足」になっていることが分かります。

「包み足」はトレンド転換のサインとして意識されることが多い組み合わせで、とりわけ天井圏で表れると要注意とされる陰線が陽線を包みこむ組み合わせになっています。

 さらに、日経平均が2万4,000円台に乗せるのは今年の1月以来となりますが、2万3,000円台を一気に駆け上がる大きな陽線が出現した後に2万4,000円台を達成したことや、米国の長期金利上昇が警戒されて売りに押され始めたなどの共通点があるほか、足元では鳴りを潜めているものの、米中摩擦の影響などのリスクもくすぶっています。

 こちらも今すぐ弱気に転じる必要はなく、あまり楽観的になり過ぎないようにする「戒め」として意識しておいた方が良さそうです。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日本株は「ガマンの買い」が試される。雲行きの怪しさを吹き飛ばせるか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日本株は「ガマンの買い」が試される。雲行きの怪しさを吹き飛ばせるか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。