facebook twitter
米中ケンカで日本に漁夫の利?外国人買いで日経平均2万3,000円突破
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

米中ケンカで日本に漁夫の利?外国人買いで日経平均2万3,000円突破

2018/9/19
・日経平均株価は5回目のトライで2万3,000円抜けた?
・中国株が一番弱い状況は変わらず
・トランプ大統領は、中国との交渉の余地も残している
facebook twitter メールで送る 印刷

5回目のトライで2万3,000円抜けた?

 9月18日の日経平均株価は、前週末比325円上昇し、2万3,420円となりました。今年の5月以降、4回トライして抜けられなかった「2万3,000円の壁」を5回目のトライで抜けました。テクニカル分析で見る限り、今後日経平均は、2万3,000円台に定着することが期待されます。

日経平均週足:2017年10月2日~2018年9月18日

 

 今年の日経平均の上値を抑えてきたのは貿易戦争の不安でした。トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争の「落としどころ」がまだ見えませんが、「日本にとってそんな悪い話になるはずがない」と楽観論も一部に出ています。少なくともそう考える「外国人」が日本株を買い、日経平均が上昇する原動力となりました。

 日米貿易戦争は、日本が一定の譲歩をすれば、トランプ大統領は日本に対するケンカ腰をやめると期待されます。ただし、米中貿易戦争はエスカレートする一方です。これ以上エスカレートすると、中国経済だけでなく米国経済にもダメージを及ぼす懸念があります。そうなると日本にも悪影響が及ぶというのが、これまでの一般的な見方でした。

 ただ最近、それとは別の見方も出ています。米中貿易戦争で、日本が「漁夫の利」を得る、との見方です。米中貿易戦争で、中国からの輸入が難しくなる米国は、代替として日本からの輸入を増やす可能性があります。

 また、米国からの輸入が難しくなる中国も、代替として日本からの輸入を増やす可能性もあります。最近、中国で米国車の販売が不振で、日本車の販売が好調ですが、米中貿易の影響も一部には出ていると考えられます。

 米国の圧力を受けて、EU(欧州連合)や中国は、自動車の輸入関税を引き下げつつあります。日本はその恩恵を受けて、EUや中国に、低い関税で自動車を輸出できます。こう考えると、米国が仕掛ける貿易戦争も、ネガティブな面だけでもないと言えます。

 この見方が正しいのか、今週開始される日米FFR(通商協議)の成り行きで判断されることになります。日米貿易戦争がエスカレートしないで済むか、トランプ大統領が考える日米貿易戦争の落としどころが何なのか、注目されます。

 日本は基本的に自由貿易の国なので、中国のように、保護主義や不当な補助金で文句を言われる筋合いはありません。ただ、農産品の例外5品目(米、麦、砂糖、乳製品、牛肉豚肉)で、輸入制限や高い関税を続けています。そこを突かれると問題がこじれるリスクはあります。

 

中国株が一番弱い状況は変わらず

 米中貿易戦争は今のところエスカレートする一方で「落としどころ」が見えません。トランプ大統領は、貿易戦争で日本やメキシコに対して、非合理な要求を押し付けているように見えますが、中国に対しては正当な主張をぶつけているとも言えます。

 中国は、GDP(国内総生産)規模で、米国についで世界第2位の大国となりましたが、いまだに貿易も為替も金利も自由化していません。巨額の経常黒字を稼ぎ続けていながら、自国市場を開放していないのは、きわめてイビツな経済大国と言えます。

 トランプ政権は9月24日、対中制裁関税の第3弾を発動する、と表明しました。既に第1弾(中国からの輸入品360億ドルに制裁関税)、第2弾(同140億ドルに制裁関税)は、発動済みで、合計500億ドルの輸入品に25%の制裁関税を課しています。これに対して中国は、同額(米国からの500億ドルの輸入品)に報復関税をかけました。

 トランプ政権は24日の第3弾で、中国からの輸入品2,000億ドルに今年は10%の追加関税をかけ、それを来年には25%にすると表明しています。

 貿易戦争のダメージは中国経済に大きい一方、米国経済には今のところ現れていません。その違いを反映し、年初来、中国株の下落が大きいものの米国株は好調です。日本株はその中間です。

日米中の株価指数、年初来の動き比較:2017年12月末~2018年9月18日(NYダウ・ナスダックは9月17日まで)

 

 最近、米国株だけ上昇が続くことにやや警戒感があります。中国株や新興国株が買いにくい中、米国株が上がり続けることに警戒感を持つ海外マネーが、一部、日本株に流れてきている可能性があります。米中貿易戦争がエスカレートしなければ、この流れが続く可能性もあります。

 

トランプ大統領は、中国との交渉の余地も残している

 トランプ大統領は、貿易戦争でEU、メキシコ、カナダに対しては、一定の成果を得れば、矛を収める姿勢が見え見えです。日本に対しても、現時点で不透明ながら、おそらく一定の成果を得たら矛を収めると考えられます。

 一方、中国に対しては全面対決を続けるように見えます。ただし、交渉の余地は残していると考えられます。それは第3弾の追加関税を年内10%に留めたことに表れています。来年は25%にする、と表明していますが、年内に米中通商交渉を続け、発動解除を目指すことになるのでしょう。

 10%の関税は、今年3月以降、中国が米ドルに対する人民元のレートを約10%引き下げたのを相殺する効果しかありません。中国に決定的なダメージを与えずに交渉を続けつつ、中国と戦っている姿を、11月の米国の中間選挙で選挙民にアピールする戦略と考えられます。

人民元の対米ドルレート推移(2016年末を100として指数化):2016年末~2018年9月18日

 

 

▼著者おすすめのバックナンバー

9月18日:リーマンショックから10年、長銀・日債銀破綻から20年、危機は繰り返す?
9月13日:メガバンク、地銀・・・暗い話が増えているけど、銀行株は持っていていいの?
9月12日:リスクを負わずに「株主優待」!「つなぎ売り」は何日前から?

 

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:『オフィスビル空室率』は低下、平均賃料は上昇
今日、あの日:参院で安保法制可決、集団的自衛権容認【3年前の9月19日】

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米中ケンカで日本に漁夫の利?外国人買いで日経平均2万3,000円突破

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米中ケンカで日本に漁夫の利?外国人買いで日経平均2万3,000円突破

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。