facebook twitter
エン州煤業(ヤンジョウ・コール・マイニング)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

エン州煤業(ヤンジョウ・コール・マイニング)

2017/4/5

16年決算は純利益10倍増、石炭価格の上昇で17年も大幅増益に期待

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
01171 エン州煤業 (ヤンジョウ・コール・マイニング)  6.35 HKD
(04/05現在)
 株価
 企業情報
 チャート

エン州煤業の2016年12月本決算の純利益は前年の約10倍を記録したが、続く17年についても3倍増以上の大幅増益が見込まれている(国際会計基準)。石炭価格の上昇や販売量の伸びが背景。また、短期的には、オーストラリアのサイクロン被害に伴う国際原料炭相場の値上がりが追い風となる可能性が高い。BOCIは同社H株の低バリュエーションを指摘し、株価の先行きに対して強気見通しを継続している。

16年本決算の純利益は前年の10倍に当たる16億4800万元と、ほぼBOCIの予想通りの水準だった。石炭の実勢販売価格が前年比15%上向く一方、単位当たり生産コストが2%低下したことなどが、大幅増益を支えた要因。補助剤販売益や政府補助金の急増に伴う「その他収益」の同22%増なども寄与した。

同社利益は17年も急増ペースを維持するとみられ、BOCIは予想純利益を前年実績の3.3倍に設定している。政府主導の「供給側(サプライサイド)改革」を受けて石炭価格の一段の回復が期待できることや、国際市場における原料炭供給のひっ迫傾向などが大幅増益見通しの理由。17年の石炭実勢販売価格については、前年比18%高の1トン当たり平均461元を見込む。同社経営陣は17年にまず、既存の炭鉱でのコスト維持に力を入れる方針。また、内モンゴル自治区とオーストラリアで新規炭鉱5カ所が貢献を開始するのに伴い、自社生産炭の販売量を前年比29%増の7860万トンに引き上げる目標を掲げている。一方、16年に利益押し上げに寄与した「その他収益」部分に関して、BOCIは補助剤販売益の前年並みを予想。政府補助金については新規炭鉱建設の進ちょく状況次第としながらも、前年比45%の減少を見込んでいる。

同社はA株の第三者割当増資で70億元を調達する予定。英豪資源大手リオ・ティントから豪コール・アライド・インダストリーズを買収する計画に調達資金を充当する方針という。これにより、エン州煤業の発行済み株式総数は最大13.2%増加する。ただ、増資の実施に当たっては、株主や中国証券監督管理委員会(CSRC)による事前の承認が必要となる。H株株主にとって、このA株増資は13%のEPS希薄化につながるものの、買収自体は同社利益の押し上げに寄与する見込み。BOCIは今のところ、コストやメリットといった買収要因を同社の利益モデルに織り込んでいない。

BOCIは同社H株の現在株価が17年予想PERで5.1倍と、低水準にある点に注目。一部投資家は同社の勘定操作(中国会計基準)を嫌気しているが、BOCIは例えかなり大掛かりな勘定操作が行われているとしても、現在の低バリュエーションを考慮すれば許容範囲との見方だ。また、決算発表後の利益見通しの修正に伴い、17年予想PBR0.8倍を当てはめてH株目標株価を引き上げ、株価の先行きに対する強気見通しを継続した。潜在リスクとしては、石炭相場の急落、炭鉱買収に伴うコスト増の可能性を挙げた。

 

本資料で提供されている情報について、BOCIインターナショナル(バンクオブチャイナインターナショナル)およびその関連会社・子会社(以下総称してBOCI)、T&Cフィナンシャルリサーチ社ならびに当社が情報の完全性、確実性を保証するものではありません。本資料は、掲載されているいかなる銘柄についても、その売買に関する申し出あるいは勧誘を意図するものではありません。銘柄の選択、売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本資料に掲載されているBOCIの見解は、各投資家の状況、目標、あるいはニーズを考慮したものではなく、また特定の投資家に対し特定の銘柄、投資戦略を勧めるものではありません。また掲載されている投資戦略は、すべての投資家に適合するとは限りません。

本資料でバリュエーション、レーティング、推奨の根拠、リスクなどが言及されている場合、それらについて十分ご検討ください。過去のパフォーマンスは、将来における結果を示唆するものではありません。見解や評価はBOCIの本資料発表時点での判断であり、予告なしに変更されることがあります。

BOCIは本資料で言及されている銘柄について自己勘定取引を行ったことがあるか、今後行う場合があり得ます。また、引受人、アドバイザー、貸し主等となる場合があり得ます。

本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますのであらかじめご了承ください。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

掲載されているレポート等は、アナリストや情報提供会社が、独自に銘柄等を選択し作成したものであり、楽天証券が銘柄を指定し対価を支払って特別に作成させたものではありません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいエン州煤業(ヤンジョウ・コール・マイニング)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

エン州煤業(ヤンジョウ・コール・マイニング)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。