facebook twitter
(比較1)どっちが投資上手?日VS米マーケット・サーフィン
トウシル編集チーム
特集記事

(比較1)どっちが投資上手?日VS米マーケット・サーフィン

2018/7/31
リアルな金融統計データをもとに、元日銀マンが分析しました。投資のステップアップに、お役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

1周年・みんなの「トウシ進化論」TOPへ

日本人のお金のIQ(全4回):その1 その2 その3

元日銀マンが分析!日本人のお金のIQ―世界との格差は?―

アベノミクス後の波をどう乗りこなしている?

株式市場を海に例え、これまでの市場の動きを波で表現してみました。日本の波は(日経平均株価とTOPIX)を指標に、米国の波は(ダウ平均株価とS&P500)を指標にしました。まずは、日米のそれぞれの波が「さざ波」だったのか「あら波」だったのか比較してみましょう。

 ↑米国は長期的に「穏やかな波」であるのに対し、日本は上下の動きが激しく「荒い波」になっていることがわかります↓


ただ、日本の株式市場は、2012年末からのアベノミクス以降、大きく相場が上昇しました。この好調の波に、日本の個人投資家はうまく乗れたのでしょうか?

→ 結果は、残念ながら、うまく投資できていませんでした。2012年から2018年まで日経平均株価は約2.5倍に駆け上がる中、日本の個人はずっと売り続けていたのです。一方、海外の機関投資家は、アベノミクス初動の2013年に大きく買っていました。

 日本人は相場のトレンドと逆の取引をする「逆張り」が好きと言われますが、まさにそれがあらわれる結果。海外勢のほうが投資が上手と言わざるを得ません。
 

データ出所:Bloomberg、東京証券取引所「2017年度株式分布状況調査の調査結果について」を元にトウシル編集部で作成。米国の株価指数(ダウ平均株価、S&P500)の推移と日本の株価指数(日経平均株価、TOPIX)の推移(期間:2008年~2018年)を比較


リアルな金融統計データをもとに、元日銀マンが分析。投資のステップアップに、お役立てください。

◎データ監修
鈴木 卓実(たくみ総合研究所 代表)
2003年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。日本銀行にて、産業調査、金融機関モニタリング、統計作成等に従事。2018年、たくみ総合研究所を設立。エコノミスト、睡眠健康指導士として、経済や健康に関する個人指導やセミナー等を通じて情報を発信。

▼このPARTの記事をもっとみる

元日銀マンが分析!日本人のお金のIQ

7/31公開  (比較1)どっちが上手?日VS米マーケット・サーフィン比較

8/2公開  (比較2)どっちが高い?日VS米 経済IQテスト正答率

8/9公開  (比較3)やっぱり違う?男と女の行動経済学

8/16公開予定(まとめ)日本人のお金のIQ進化論

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください(比較1)どっちが投資上手?日VS米マーケット・サーフィン

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

(比較1)どっちが投資上手?日VS米マーケット・サーフィン

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。