お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日本株の上昇を阻んだのはやっぱり「あの人」。警戒モードは続くも相場は意外と頑張れる?
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

日本株の上昇を阻んだのはやっぱり「あの人」。警戒モードは続くも相場は意外と頑張れる?

2018/5/28
・5月25日(金)の日経平均終値は2万2,450円。前週末終値からは308円の下落
・トランプ米大統領の米朝首脳会談の中止表明や、自動車の輸入関税引き上げ検討により、株価の下げが加速
・短期的なトレンドには、先週の株価下落によって戻り基調が一服しているサインが見られる
・不安が後退し株価が持ち直すシナリオも十分に考えられる
facebook twitter メールで送る 印刷

 先週末5月25日(金)の日経平均は2万2,450円で取引を終え、前週末終値(5月18日の2万2,758円)からは308円の下落となりました。

 これにより、週足ベースでの連騰記録は8週でストップしてしまい、残念ながら昨年9〜11月の9週連続記録に並ぶことはできませんでしたが、記録を阻んだのはやっぱり「あの人」がきっかけでした。何はともあれ、下の図1で足元の状況から整理してみます。

■(図1)日経平均(日足)の動き(2018年5月25日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 

 まずは先週の日経平均の振り返りです。週初21日(月)の取引は、これまでの株価の戻り基調を引き継ぎ、昨年末終値(2万2,764円)をクリアしたほか、ついに節目の2万3,000円台乗せを達成するなど、幸先の良いスタートを見せましたが、その後は一転して軟調な値動きをたどる展開となりました。その中でも23日(水)と24日(木)の長めの陰線が印象的です。

 そして、株価の下げを加速させたのは「あの人」こと、トランプ米大統領でした。先週は米朝首脳会談の中止を表明したり、自動車の輸入関税の引き上げ検討を指示するなど、相場にインパクト与えるには十分な話題を立て続けに振りまいてくれました。さらに、これまでの株価の戻り基調が目立った調整がないままに継続してきたことも売りに拍車をかけたのかもしれません。

 また、移動平均線との絡みでは、株価が25日移動平均線を下抜けてしまいましたが、週末25日(金)取引では、何とかこの移動平均線水準から引き離されないようにしようとする動きも見られます。今週の焦点は、前回レポートのタイトル通り、足元の株価下落が押し目買いのタイミングとして吉なのか凶なのかになります。

 短期的なトレンドをチェックすると、先週の株価下落によって、戻り基調が一服しているサインが見られます。例えば、前回紹介したボリンジャーバンドでは、トレンドの継続を示すとされる「バンドウォーク」が崩れ、平均足とMACDの組み合わせを見ても、平均足が陰転し、MACDもシグナルを下抜けするクロスとなっていて、トレンド転換を匂わせる状況となりました(下の図2と図3)。

■(図2)日経平均(日足)のボリンジャーバンド(2018年5月25日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 

■(図3)日経平均の平均足とMACD(2018年5月25日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 

 そのため、今週の相場は悪材料に反応しやすい地合いで迎えることになります。

 とはいえ、米朝問題については、その後の展開によって、何だかんだで首脳会談が開催される可能性が残されているほか、自動車輸入関税引き上げについても、米国国内から反発の声が上がっていることや、税率25%というハードルの高さによって実現性が薄いとの見方も多く、株価材料の視点で見ると、必ずしも悲観的なムード一色というわけではありません。

 したがって、不安が後退することで株価が持ち直すシナリオも十分に考えられるのですが、不透明感が強い相場環境では、ある程度株価は戻せても直近高値を超えて上値を追う展開まで期待するのは難しいと考えられます。「目先の押し目を意識しつつ、株価が戻った場合には早めに手仕舞う」という短期投資スタンスが基本になりそうです。

 その押し目ですが、下の図4にもあるように、戻り基調時(3月26日〜5月21日)の上げ幅の「3分の1押し」である2万2,149円や、38.2%押し(2万2,017円)、75日移動平均線などが目安として挙げられます。

■(図4)日経平均(日足)の動き その2(2018年5月25日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 

 また、冒頭でも触れましたが、先週の下落によって週足ベースでの連騰記録が8週で途切れてしまいました。そこで、前回の記録が途切れた後の日経平均がどうなったか確認してみますと、下の図5にもあるように、2万3,000円を上値のメドとして、2カ月近くのもみ合いが続きました。歴史は繰り返すとは限りませんが、しばらくは保ち合いに入る展開も想定しておく必要があるかもしれません。

■(図5)日経平均(日足)の動き その3(2018年5月25日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日本株の上昇を阻んだのはやっぱり「あの人」。警戒モードは続くも相場は意外と頑張れる?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日本株の上昇を阻んだのはやっぱり「あの人」。警戒モードは続くも相場は意外と頑張れる?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。