facebook twitter
長期投資の買い時。一発勝負VS時間分散
大澤 健吾
長期投資って本当にいいの?
投資の基礎である長期投資。長期投資がなぜよいのか、なぜ初心者に向きであるのかをお伝えします。

長期投資の買い時。一発勝負VS時間分散

2018/5/24
・一回切りの投資は、運次第
・何度も同じ金額でしつこく投資しよう
・売値はコントロールできないが、買値の平均単価を低くすることはできる
facebook twitter メールで送る 印刷

いつ投資するか?

 「初心者のあなたに。長期投資を選ぶメリット」、「博打とは違う!怖くない株式投資」で長期投資のメリットを伝えました。今回から実際に投資を行うとしたら、どうすればいいかという観点お伝えします。今回は、株に「いつ投資するか」です。

 

一回切りの投資は、運次第

 一回切りの投資とは、投資するお金すべてを文字通り一回で投資することです。では、投資した後、どうなるのか、下のチャートをご覧下さい。

出所:Bloombergのデータより楽天証券作成(2018年5月21日)

 表1は、日本株に様々なタイミングで100万円を1回で投資した場合のシミュレーションです。今年4月末時点の金額を右端に書いています。1989年12月末に投資スタートした場合、100万円が約90万に。投資元本100万円を割り込んでいます。長期的には、経済の拡大に伴い、金融市場は拡大していくため、株式市場全体も上昇する可能性が高いと言われますが、実際はその時々における市場環境の条件次第で、何年でプラスリターンを上げられるのか、利益が出るのかは変わってきますし、誰にもそれは分かりません。

 1989年12月末と言いますと、28年以上前ですから、30年近く投資していても、プラスリターンにならない場合もあるということです。筆者はそれでもひたすら長期で待ち続ければ、プラスリターンになるときがいつかは来ると考えますが、ほとんどの投資家はそんなに気長には待てないでしょう。気長に待てないのであれば、一回切りで全額を投資して儲かるかどうかは、運次第ということになってしまいます。

 

何度も同じ金額でしつこく投資しよう

 次に、毎月同じ金額をしつこく長期的に投資し続けた場合を検証してみましょう。

 毎月もらう給料のうち、決まった金額を「積立貯金」する人がたくさんいると思いますが、この場合は、決まった金額を貯金ではなく、投資していくというケースです。これを「積立投資」と言います。以下は、毎月1万円ずつ毎月末に投資を続けていった場合の評価金額と投資元本の比較です。

出所:Bloombergのデータより楽天証券作成(2018年5月21日)

 上記のチャートを見れば、分かりますが、青い線の評価金額がオレンジの線の投資元本をすべて途中から上回っています。これは、すなわち儲かっているということです。表1で見たとおり、1989年12月末に一回切りで全額を投資した場合は、直近2018年4月末で評価金額は投資元本割れになっていましたが、この積立投資であれば、プラスリターンになっています。このように、しつこく、しつこく長期にわたり、同じ金額の投資を続けていくことが収益獲得につながります。

 

売値はコントロールできないが、買値の平均単価を低くすることはできる

 当たり前ですが、儲けるための秘訣は、安く買い、高く売ることです。

 ただ、高く売るということはコントロールできません。売値はマーケット次第なので、コントロールすることは不可能です。

 しかし、安く買うということはコントロールが一定程度できます。そんなの無理だと思われるかもしれませんが、買い付けの平均単価を低くすることは実際可能です。

 まず、日本株の指数に連動する投資信託に投資するケースを考えてみましょう。

 毎月1万円、投資信託を購入するとします。投資信託を購入するときに数量を表す単位として、購入口数※という単位を使いますが、この場合、投資信託の購入口数は、以下のようになります。(※購入口数=投資金額÷基準価額(投資信託の値段)×10,000)

【基準価格や株価が変動する場合】

・1カ月目:投資信託の基準価額=10,000円で購入 
購入口数= 投資金額10,000円 ÷ 基準価額10,0000円 × 10,000 = 10,000口

・2カ月目:株価が10%上がり、投資信託の基準価額=11,000円で購入
購入口数= 投資金額10,000円 ÷ 基準価額11,000円 × 10,000 = 9,091口

・3カ月目:株価が10%下がり、投資信託の基準価額=9,000円で購入
購入口数= 投資金額10,000円 ÷ 基準価額9,000円 × 10,000 = 11,112口

(※購入は、毎月月初に行うものとします。)

 当初10,000円で10,000口の投資信託を購入していたのが、株価が10%上がったときは、10,000口より少ない9,091口の投資信託を購入、10%下がったときは、10,000口より多い11,112口の投資信託を購入することになります。

 このとき、投資信託の買付平均単価は、以下のとおりとなります。

投資元本30,000円÷(10,000口+9,091口+11,112口)×10,000=9,933円

 次に、10,000円でスタートした基準価額が3カ月経過したときの様々なケースを見てみましょう。

1. 基準価額が10,000円・・・買付平均単価9,933円<評価単価10,000円(利益あり)
2. 基準価額が 9,950円・・・買付平均単価9,933円<評価単価9,950円(利益あり)

 1のケースは、基準価額はスタートの10,000円のままですが、それでも買付平均単価が10,000円より低いため、利益が出ています。また②のケースは、基準価額がスタートの10,000円より下がっているにも関わらず、買付平均単価がそれより低いため、やはり利益が出ています。

 これは、毎月一定額の投資信託を買い付けると、株価が高いときは、投資信託を少なく買い、株価が低いときは、たくさん買うということになるため起きる現象です。投資信託の評価単価である基準価額に対し、買付平均単価を低く抑制することが可能です。このような積立投資の方法を「ドルコスト平均法」と呼びます。このように、売値をコントロールして上げることはできませんが、買値は一定のコントロールでなるべく低くすることができます。
素晴らしい投資方法だと思います。

 ただし、例外はあります。投資する株価がひたすら右肩下がりで下落し続けた場合です。
そうすると、投資対象の選択が重要になってきます。次回6月6日で、何に投資すべきかということについて書きたいと思います。

 

▼長期投資って本当にいいの?

初心者のあなたに。長期投資を選ぶメリット

博打とは違う!怖くない株式投資

何に投資する?「リスク性資産」と「安全資産」1

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください長期投資の買い時。一発勝負VS時間分散

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

長期投資の買い時。一発勝負VS時間分散

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。