ウォーレン・バフェットが買い増しを明らかにすると、アップル株が最高値更新

 米投資会社バークシャー・ハサウェイを率いる著名投資家ウォーレン・バフェット氏の人気は、87歳になった今も衰えていません。ネブラスカ州オマハで5日開催されたバークシャーの年次株主総会には、世界中から4万人の株主が集まりました。

 バフェット氏の言葉を、直接聞くことができる貴重な機会だからです。バフェット氏は、5日の株主総会では例年通り、相場の見方について、投資家からのさまざまな質問にていねいに何時間も答えました。

 バフェット氏が、米IT大手アップルの株を1-3月期に7,500万株買い増したことを明らかにすると、アップルへの買いが増え、同社は史上最高値を更新しました。ハイテク株嫌いで知られるバフェット氏が高く評価する、数少ないハイテク株がアップルです。

 バフェット氏の運用手法は、年代により少しずつ変わってきていますが、基本は、バリュー(割安株)重視です。若い無名のころは、ディープ・バリュー(激安)株に投資して、株価の戻りで稼ぐ傾向が強かったのですが、年を経て、巨額の資金を動かすようになると、割安な安定成長株を重視するようになりました。

 

ウォーレン・バフェットの言葉に学ぶ

 バリュー投資で高い運用利回りを上げて有名になったバフェット氏の、若い頃の言葉を紹介する著作を原書で読みました。「Warren Buffett’s Ground Rules(ウォーレン・バフェットのグラウンド・ルール)」(Jeremy C. Miller著)です。バフェット氏が若い頃、投資家向けに書いた手紙が紹介されています。私が、25年のファンドマネージャー時代にやってきたバリュー運用に通じる極意が、若きバフェットによって熱く語られており、感動しました。

 私が強く共感した言葉を、2つ紹介します(日本語訳は窪田)。

  1. 「企業の本源的価値がわかっていれば、それを生かして有利にトレードできる。株価が、本源的価値と比較して、ばかばかしいほど、安い水準まで売られた時に買うことで、利益が得られる。」
  2. 「最近、新時代の投資哲学を語る人が増えた。その哲学によると、木々が空まで伸びるように上昇し続ける株が出るという。そんな哲学に乗って割高株を高値づかみするくらいなら、過度に保守的といわれてペナルティを課せられた方がましだ。」

 私は、今の日本株に、本源的価値を割り込んでいる株はたくさんあると思います。地味で不人気だが、財務内容が良く、キャッシュフローが潤沢で、安定高収益の会社を探せばいいわけです。価値が高いのに、不人気で株が割安になっているものは、結構あります。そこで今日は、「もしバフェ銘柄」、つまり、「もしバフェットが日本株ファンドマネージャーだったら買うかもしれない銘柄」を探してみたいと思います。