142年前の今日…

1876(明治9)年5月9日

日本初の公園・上野公園が開園される

上野公園内の上野動物園で誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャン

 

 1876(明治9)年5月9日、東京都台東区にある上野恩賜公園(上野公園)の開園式が行われました。

 日本初の公園である上野公園誕生のきっかけは、オランダ人医師のボードウィンです。ボードウィンが病院予定地だった寛永寺伽藍跡地を訪れたとき、西洋にある公園として整備すべしと日本政府に働きかけました。

 そして、博物館や美術館、動物園など多数の文化施設を要する、総面積53万平方メートルの公園として、今でも親しまれています。

 上野公園の生みの親・ボードウィンの功績を称えた彼の銅像が1973年、公園内に銅像が建ちました。しかしその銅像は弟をモデルに製作したものだったのです。実は親族が弟の写真を渡してしまい、間違えてつくられました。

 近年、その間違いが発覚したことで、2006年にめでたく正しいものに建て替えられました。

 2017年、上野公園内にある上野動物園で誕生したジャイアントパンダ・シャンシャン見たさに多くの人が訪れ、にぎわっています。

 

1876年には何が…

3月10日、スコットランド人のグラハム・ベルが電話機を発明しました。

3月28日、日本で廃刀令が発布されました。

​​【今日、あの日】5月8日を読む ≫≫