facebook twitter
 <8>ほどよい格差が資本主義を安定化させる?
中桐 啓貴
投資小説:もう投資なんてしない
「3日で3万円も儲かったのだから、ひと月で数十万稼ぐのも夢じゃない」と、株式投資にのめり込んだ隆一。だが、待っていたのは金融ショック。株式市場から「退場」させられた。そして「もう…

<8>ほどよい格差が資本主義を安定化させる?

2018/4/6
投資で稼いだお金は汚くない、と先生は言った。しかし、投資の根幹を担う資本主義には、倫理観が必要だとも。隆一は、混乱した。
facebook twitter メールで送る 印刷

投資小説:もう投資なんてしない⇒

第2章 資本主義に飲み込まれるか、味方にするか?

<第4話>ほどよい格差が資本主義を安定化させる?

「資本主義は、個人が自由に経済活動できるだけでなく、社会に活力をもたらす、イノベーションが興りやすい、などメリットがあります。一方で、弊害も少なくない社会です。20世紀に社会主義革命が起きたのはこのためです。ただ社会主義は、資本主義以上に不都合が生じることが理解され、21世紀の今日では賛美する人は少ないことは知っていますよね」

「先生、私もそれぐらいはわかります。ベルリンの壁が崩壊したことがその証拠ですよね」
 隆一は、かつての記憶を引きずり出してみた。

「その通りです。まさにベルリンの壁崩壊がその象徴的な出来事です」

 先生はここで一息つき、再びコーヒーを入れなおした。

「資本主義にはプラス面、マイナス面があります。マイナス面が出たときには、経済もマーケット環境もそれによって短期的な影響をかなり受けます。まさにリーマンショックというのは金融機関を自由にさせすぎた結果です。このようなとき、株価が半年で半分になるような大きなインパクトが出てしまいます」

「リーマンショックは覚えています。あのあとうちの会社もだいぶあおりを食いました」

 先生は、ふむとうなずき、隆一がある程度、話に付いてきていることを確認して続けた。

「資本主義は富裕層ほどその恩恵を、貧困層ほど弊害を感じやすい社会です。富裕層が多数派になれる社会を作ることは難しく、むしろ、恩恵と弊害がバランスよく反映される中間層が多数を占めないと、資本主義は不安定化します。しかしながら、『少数の富裕層』と『多数の貧困層』という貧富の格差が大きい社会になれば、資本主義の恩恵より弊害を感じる人のほうが多くなって、反資本主義の人々が増えます。社会が分断されたり、暴動、テロなどが起こったりするわけです。リーマンショックのあと、ウォール街では大規模なデモが起こりました。これは、『どうして、資産額トップ1%の人のような富裕層が経営する金融機関を、一般庶民の税金で助けなければいけないのか』という怒りの現れです」

 隆一の心配どおり、投資がすぐうまくなるとは思えない話が続いたが、いち庶民である自分にとっては共感できる話だった。

「それだけでなく、バブルが起きやすいこと、経済格差をもたらすこと、そして、自由に商売ができる半面、不正や不公正も起きやすいことなどが、資本主義のもたらす典型的な弊害です」

「先生、バブルや経済格差と長期投資がどう結びつくかわかりません」

「まだそれでかまいません。私が体系的に投資のことを教えたいというのは、あなたが今感じているような知識の点と点を線で繋げて、それを面にしていく作業のことです。いまは一見、投資と関係ないと感じる知識をインプットしている段階です。ただ、必ずこの作業があとで効いてくるので、ここは我慢をして聞いてください」

資本主義と倫理が、長期投資の成否を決める?

「資本主義は、社会の仕組みであると同時に、一つの思想でもあります。資本主義を学ぶ意義は、何も社会の仕組みを理解することだけではありません。『善き生活習慣』を学ぶことにもなります」

<おいおい、経済の話ならともかく、生活習慣って。さすがに訳がわからんぞ>
 隆一は、たまらず聞きなおした。

「善き生活習慣って何ですか?」

「たとえば、ヨーロッパで近代資本主義社会を創り上げた人々が体現していた精神を『資本主義の精神』と呼んでいます。同じ働くのでも、カネを儲けたいとか、贅沢をしたいとかの動機からではなく、勤勉と倹約という生活習慣が尊い生き方であり、豊かになるのはその結果に過ぎないと考える倫理観です。日本人にも、『働くことそのものが尊い』『倹約はケチとは異なり、家を治め、身を修めること』という類の伝統がありました。その倫理観が、日本がアジアでいち早く近代資本主義国家を築き上げたという見方もあります。いまは『働き方改革』や『ワークライフバランス』などと言われて、勤勉と倹約という道徳律はあまり流行りませんが、資本主義とは単なる営利活動の仕組みではなく、渋沢栄一が<論語とそろばん>と表現したように営利と倫理は一体である、ということです。日本の<資本主義の父>と言われた人物の言葉ですよ」

 先生は続けた。

「私が言いたいのは、仕事も投資も『カネ儲け』という動機だけで取り組むより、勤勉に働くこと、節度を持った生活をして世に役立つことこそ価値ある人生であり、そうした暮らし方を貫く一環として仕事をし、投資をするほうが長続きするし、成功への近道でもあるということです。儲けたい、もう少しおカネが欲しい、というのは誰しもやまやまでしょうが、仕事でも、投資でも、本当に傾注できる人には、カネ儲けという動機だけではない生活倫理のような倫理観が背景にある、ということです」

「先生、『稼ぐことは善』と言ったくせに、『投資でカネを儲けたい』ではなぜ、いけないのですか?」

 いらだつ隆一を遮るように先生は続けた。
「あなたが、投資で痛い目にあわないためです。投資で儲かることは重要ですが、それだけでなく、投資という行為を人生の中できちんと位置づける倫理観を持たないと、投資の勉強にも身が入らないし、実際の投資で直面するマーケットの短期変動にメンタル面でも克服できないからです。それでは、長続きしないし、長期投資の成果も乏しくなります。私はここの理解を飛ばして、投資で酷い目に合った人をたくさん知っています」

投資小説:もう投資なんてしない⇒

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください <8>ほどよい格差が資本主義を安定化させる?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

<8>ほどよい格差が資本主義を安定化させる?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。