facebook twitter
中国の『PMI』は堅調さを維持
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

中国の『PMI』は堅調さを維持

2018/4/5
・中国の『PMI』は春節休暇の影響を脱して上昇
・アセアンの『PMI』は低下するも、50超を維持
・米中貿易摩擦の影響がどのように表れるのか注目
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

『PMI』とは、購買担当者景気指数(Purchasing Managers’ Index)の略で、景況感を推し量る上で注目されている月次の経済指標です。50を上回れば景気拡大、下回れば縮小を示します。3月は、中国の製造業『PMI』は春節休暇明けだったことで前月から上昇しました。一方、アジア圏では低下が目立ちました。米国の通商政策の変化が、中国のみならずアジア各国・地域にどのように影響が出るのか、今後も注目です。

 

【ポイント1】中国の『PMI』は春節休暇の影響を脱して上昇

受注も生産も改善

 中国国家統計局が発表した3月の製造業『PMI』は前月比+1.2ポイントの51.5と、市場予想(ブルームバーグ集計、50.6)も上回りました。2月の春節休暇が過ぎたことに伴い、増産体制に移行したことを反映した動きと見られます。

 内訳をみると、需要を反映する新規受注が同+2.3ポイントの53.3、供給を反映する生産が同+2.4ポイントの53.1と共に前月から上昇し、需要と供給の拡大を示唆しました。

 

【ポイント2】アセアンの『PMI』は低下するも、50超を維持

韓国や台湾の『PMI』も低下

 

 日本経済新聞社が発表した東南アジア諸国連合(アセアン)の3月の製造業『PMI』は50.1となりました。原材料価格上昇の影響などにより、2月の50.7から低下したものの、3カ月連続で節目となる50を上回りました。各国毎に見ると、フィリピンは前月から上昇したものの、インドネシアやタイ、マレーシア、ベトナムなどは低下しました。

 また、韓国と台湾の製造業『PMI』は、それぞれ前月比▲1.2ポイントの49.1、▲0.7ポイントの55.3と2月から低下しました。

 

【今後の展開】米中貿易摩擦の影響がどのように表れるのか注目

 中国の製造業『PMI』は、堅調さを維持しています。しかし、米国のトランプ大統領は鉄鋼・アルミニウムへの関税に続き、中国の知的財産権侵害への制裁を発表しました。中国は報復関税を発表し始めており、米中の貿易摩擦が懸念されます。しかし、両国にとって経済がダメージを被る貿易戦争に陥ることは避けると見られ、最終的には(1)中国の貿易黒字減らし策と、(2)知的財産やIT関連サービスを巡る貿易ルールをターゲットにした「管理された貿易摩擦」になってくると思われます。今後こうした影響が中国やアジア圏の『PMI』にどのように表れるかにも注目です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国の『PMI』は堅調さを維持

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国の『PMI』は堅調さを維持

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。