facebook twitter
日本株を売りまくる「外国人」、買い向かう国内投資家。勝つのはどっち?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

日本株を売りまくる「外国人」、買い向かう国内投資家。勝つのはどっち?

2018/3/28
・日本株を売りまくる外国人投資家
・外国人が買えば上がり、売れば下がる日本株
・外国人が「買い越し」に転じるときに、相場の流れが変わる
・裁定買い残は、約1.5兆円まで減少。徐々に売り圧力は減ってくると予想
facebook twitter メールで送る 印刷

日本株を売りまくる外国人投資家

 2018年に入ってから、日本株に、外国人投資家の大量売りが続いています。現物・先物合わせて、3月16日までに、4兆8,728億円も売り越しています。

外国人投資家の日本株(現物)および日経平均先物の売り越し額:2018年1月4日-3月16日

出所:東京証券取引所
2市場1・2部主体別売買動向、日経平均先物売買動向、▲は売り越しを示す、億円未満切捨てのため、足し上げても合計と一致しない

 

 買っているのは、個人投資家・日本銀行・事業法人(自社株買い)など、国内投資家です。勝敗の行方はどうなるでしょうか?

 

外国人が買えば上がり、売れば下がる日本株

 外国人は、買う時は上値を追って買い、売る時は下値を叩いて売る傾向があるので、短期的な日経平均の動きはほとんど外国人によって決まります。

 以下のグラフを見れば明らかですが、外国人の売買に立ち向かう国内投資家は、短期的にはすべて失敗しています。2018年も、国内投資家がいくら買っても、外国人の強引な売りの前になすすべもなく、日経平均は急落しています。

日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):2016年1月4日-2018年3月27日(外国人売買動向は3月16日まで)

注:東京証券取引所データより楽天証券経済研究所が作成

 

 2016年は年初から外国人の売りが増えて日経平均は急落しましたが、11月から外国人の買いが増えると日経平均は急騰しました。

 2017年は、3月に外国人の売りで日経平均は下がりましたが、9月後半から、外国人が大量に買い越すと、日経平均は一気に高値を更新しました。ところが、2018年に入って、外国人が大量に売り越すと、日経平均は急落しました。

 このように、市場を動かしている外国人に立ち向かう国内投資家は、短期的には常に負けています。ただし、より長期では、勝敗が逆転することもあります。外国人が安値を売ったところを国内投資家が買い、外国人が高値を買うところを国内投資家が売っていることも、あります。たとえば、2016年1-3月、日経平均が1万5,000円割れまで下がる局面で売ったのは外国人です。外国人の売りに立ち向かった国内投資家は、短期的には失敗しても、長期的にいいところで買ったことになっています。

 それでは、2018年1-3月に日本株を売った外国人と、買った日本人の勝敗はどうなるでしょう?短期的には外国人の勝ちです。ただし、私は、長期投資の視点では、勝敗が逆転すると予想しています。長期投資の視点では、日本株は買い場と考えています。

 ただし、悪材料が山積しており、簡単には、日経平均反転は見込めません。短期的には、もう一度、下値トライするリスクも残っていると思います。

 

外国人が「買い越し」に転じるときに、相場の流れが変わる

 それでは、相場はいつ反転するでしょうか?いつか当てるのは至難のわざですが、需給で言うなら簡単なことです。外国人の売りが止まり、買い越しに転じるときに、相場は反転し、上昇に転じるでしょう。

 外国人の売買動向をしっかり見ている必要があります。なかでも、動きの速いヘッジファンドの先物売買をしっかり見る必要があります。

 私がファンドマネージャー時代に、日経平均先物のトレーディングをする上で、重視していた需給指標に、「裁定買い残(さいていかいざん)」があります。詳しい説明は割愛しますが、裁定買い残の変化に、外国人による投機的な先物買いの変化が表れます。

 外国人が先物を買うと、日経平均が上昇し、裁定買い残が増加します。外国人が先物を売ると、日経平均が下落し、裁定買い残が減少します。

 近年の日経平均および裁定買い残は、以下のように推移しています。

日経平均と裁定買い残高の推移:2007年1月4日-2018年3月27日(裁定買い残は3月16日まで)

注:東京証券取引所データに基づき楽天証券経済研究所が作成

 

 裁定買い残は、アベノミクス開始後の2013-15年は3.5-4兆円まで増加すると、減少に転じていました。日経平均は、裁定買い残が増加している間、つまり外国人が先物を買っている間は上昇します。ところが、裁定残が減少に転じる、つまり外国人が先物売りに転じると、下落に転じます。

 2013-15年は、裁定買い残が、3.5-4兆円まで増加したところで、日経平均先物を売れば、タイミングよく日経平均が下げに転じ、利益を得られる可能性が高かったと言えます。

 2013-15年の部分を拡大したのが、以下の図です。

日経平均と裁定買い残高の推移:2013年1月4日-2016年1月8日

注:東京証券取引所データに基づき楽天証券経済研究所が作成

 

 2018年1月に入ってすぐ裁定買い残は3兆4,266億円まで増えましたが、その後、減少に転じています。外国人の先物が売り越しに転じたからです。裁定買い残は3月12日には約1兆5,000億円まで減りました。

 

裁定買い残は、約1.5兆円まで減少。徐々に売り圧力は減ってくると予想

 3月12日時点で、裁定買い残は、1兆5,340億円まで減少しています。裁定買い残が、かなり減ったので、ここからは、先物の売り圧力は徐々に減ってくると予想します。ただし、裁定買い残がどこまで減れば、ボトムアウトするかは、過去の経験則ではわかりません。わかることは、潜在的な売り圧力が減ってきていることだけです。

 裁定買い残高がいくらまで膨らんだら、日経平均が天井をつけるかも、その時々によって変わります。過去には、裁定買い残高が6兆円まで膨らんだこともあります。裁定買い残高だけで相場の転換点を知ることはできません。裁定買い残高と、マーケットに出ている外国人の動きに関するさまざまな情報を合わせて、判断していく必要があります。

 

 

 

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

2018年2月14日:誰が買い、誰が売っているのか?日本株の需給分析

2016年4月13日:外国人の売買動向を知る方法

 

▼今日のマーケット・キーワード:再編が続く『造船業界』

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日本株を売りまくる「外国人」、買い向かう国内投資家。勝つのはどっち?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日本株を売りまくる「外国人」、買い向かう国内投資家。勝つのはどっち?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。