お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
原油相場も株価下落に追随か!?
CREEX LLC.
原油マーケットの行方
石油化学のコンサルティング業の原油レポートです。1週間の原油マーケットや国内ニュースがまるわかりです。

原油相場も株価下落に追随か!?

2018/3/5
・2月26日~3月2日原油マーケットレビュー
・国内石油化学関連ニュース
facebook twitter メールで送る 印刷

2月26日~3月2日原油マーケットレビュー

 前週のNY原油相場は反落。リビアの生産減少懸念から上昇する場面もあったが、米国の需給緩和状態を続くとの思惑から軟調地合いとなった。また、米株式市場が戻り一服から軟化したことも圧迫要因となり、WTI ( ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近4月限は一時60ドル近くにまで下落する場面も見られた。

 リビアの主要油田の一時操業停止が相次いでいることを手掛かりに、買いが先行する場面があった。武装勢力による攻撃に伴いシャララ油田が操業を停止しているなか、前々週末にアルフィール油田が停止、続いて生産量減少を理由にハマダ油田も停止する見通しとなった。リビアの産油量の落ち込みを警戒した買いが集まった格好である。

 しかし、週後半には同国の産油量が日量110万バレルを維持していることが判明した。シャララ油田が生産回復したほか、ワハ油田の生産量が増えたこともあり、全体としては高めの生産水準をキープしている。なお、足元においては、同国の産油動向に対する市場の警戒は薄れている。

 需給ファンダメンタルズでの変動は、米国の需給の緩みがメインとなった。EIA(米エネルギー情報局)が発表した週間石油統計は、総じて弱気な内容が示された。原油に関しては、在庫は予想以上の増加とベアなものとなった。生産量が過去最高を更新、輸入量も回復した。一方、リファイナリーへの原油投入量が減少、輸出も大幅な減少となった。

 供給が増え、需要が減ったことで在庫は予想以上の積み増しとなった。このほかガソリン在庫も予想外の増加となったため、米国の需給は緩んだ状態がしばらく続くとの見方が広がった。EIAの月次の生産報告においても、前年対比で大幅に上回る生産が続いていることが確認されており、シェール企業の生産拡大が継続していることが窺える。

 米国の原油需給がバランスするには時間がかかる可能性が高く、当面これが上値を抑制する要因となるだろう。WTIの受渡拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫が10週連続で減少したことへの市場の反応は限られたが、2014年12月以来の3,000万バレル割れとなっており、市場のセンチメントが強気に傾いた際には改めて買い材料視される可能性がある点には注意が必要であろう。

 需給要因以外においては、この週も投機マネーの流れの影響を受けたと考えられる。

 FRB(米連邦準備理事会)のパウエル新議長が初となる議会証言でタカ派的な見解を示したことで、市場想定以上に利上げペースが速まるのではとの思惑が広がった。これによりドルは対ユーロで上昇し株式市場は軟化した。投資家心理が冷え込み、リスク資産の一角とされる原油相場からの資金が撤退するのではとの懸念が強まり、原油相場も株価下落に追随して売られた。

 週後半には、トランプ米大統領が鉄鋼およびアルミニウムの輸入に追加関税を課すとの報が入り、市場はさらにネガティブに反応、ダウ平均は一時600ドルに迫る下落と軟調さが増した。今週は週前半に製造業関連、週後半に雇用関連と主要な米経済指標の発表が相次ぐ。今月20~21日のFOMC(米連邦公開市場委員会)を前に、金利動向に対して市場がどう見るのか、それ次第では投機熱が再燃するか冷めてしまうのか分かれることになるため、引き続き債券、為替、株式相場の動き、および投資家心理には注視する必要があろう。原油相場もその動きに左右される公算が大きい。

【今週の予想】    

  • WTI:やや弱め 59.00-62.00ドル
  • BRENT:やや弱め 62.00-65.00ドル

国内石油化学関連ニュース

・1月の輸入ナフサ価格4万6,930円(速報値)
財務省は2月27日、1月の貿易統計を発表した。1月のナフサの輸入数量は前月比2万8,386KL減の237万7,855KLと減少した。輸入金額から輸入数量を割り返した1月の輸入ナフサ価格(CIF JAPAN)は前月比1126円高の4万6930円と上昇した。同月の原油輸入価格(CIF JAPAN)は前月比1,498円高の4万5,652円と上昇した。

トピックス

  • 日本触媒、SAP値上げ
  • 三菱ケミカル、キレート剤値上げ
  • デンカ、合繊製品値上げ
  • デンカ、粘着テープ製品値上げ
  • 昭和電工、アンモニア値上げ
  • 三菱ケミカル、ポリプロピレン長繊維値上げ
  • 三菱ケミカル、PETシュリンクフィルム値上げ
  • DICグラフィックス、グラビア・フレキソインキ、接着剤、塗料製品値上げ
  • 関西ペイント販売、工業用塗料製品値上げ
  • 三菱ケミカル、カーボンブラック値上げ
  • 三井化学、EOなど値上げ
  • デンカ、樹脂製コルゲート管値上げ
  • カネカ、押出法ポリスチレンフォーム値上げ
  • PSジャパン、PS樹脂値上げ
  • 東レ、ポリエステル・綿混織物事業を再編
  • 東洋紡、液晶ディスプレー用フィルムの製造設備を新設
  • 三菱ケミカル、バイオエンプラのボトル向け新グレードの本格販売開始
  • 京葉モノマー、VCMプラントを3月末にも再稼働へ
  • トクヤマ、トクヤマ・セントラルソーダの社名を変更
  • エア・ウォーター、ケミカル関連事業の一部を譲渡
  • 三菱ケミカル、ベンゼン製造プロセス技術をリンデに譲渡
  • 三菱ケミカル、3Dプリンター用フィラメントメーカーを買収

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください原油相場も株価下落に追随か!?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

原油相場も株価下落に追随か!?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。