facebook twitter
「リップル」が経済インフラを根底からくつがえす?
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

「リップル」が経済インフラを根底からくつがえす?

2018/3/1
・銀行や通貨システムの効率化のため生み出された仮想通貨
・特徴は「中央集権型」の仮想通貨であること
・驚くべき送金・処理スピード
・仲介通貨としてブリッジの役割を果たしている
・今後も送金システム開発が順調に進めば、経済インフラを支える重要な存在となる可能性もあり、価値の高まりに期待が集まっている
facebook twitter メールで送る 印刷

銀行や通貨システムの効率化のため生み出された仮想通貨

 リップルは米国の「Ripple(リップル)」という会社が発行している仮想通貨です。2018年2月現在、ビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3位の4兆を超える時価総額を誇ります(※データはCoinmarketcapより)。

 リップルは、「グローバルな経済ネットワークを構築し確実且つ速やかに低コストで国際送金を行う」という明確な目的のために開発されました。また、このシステムそのものを「リップル」と言い、このリップルの送金システムの中で利用される「XRP」が、リップルの通貨単位です。

 

特徴は「中央集権型」の仮想通貨であること

 リップルは1,000億XRPという発行上限があり、この全量をすでに発行しています。発行はリップル社が行っており、管理もすべてリップル社が行っています。

 また、リップルが決済処理認証に採用しているのが「プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus)」と呼ばれる方法です。ビットコインのプルーフ・オブ・ワークは、不特定多数の参加者で行われていますが、リップルの処理の検証・認証は、リップル社が選んだ「バリデーター」と呼ばれる企業や団体や人々が行っています。

 システムそのものは分散型台帳を利用していますが、その管理はリップル社のみが行っているため、リップルは「中央集権型仮想通貨」と呼ぶ人もいます。

 

驚くべき送金・処理スピード

 リップルの特徴であり最大の魅力がそのスピードです。他の通貨と比べてみると、リップルでの送金は4秒で完了しますが、イーサリアムは2分超、ビットコインは現時点では10分超かかります。また、1秒当たりの処理件数は、リップルが約1,500件、イーサリアムが約15件、ビットコインは約5件前後です。

 コストの安さも特筆すべきことのひとつで、たとえば海外送金を例にとると、銀行などでは数千円かかりますが、リップルだと500円程度で送金可能です。金額によっては数十円、数円で済む場合もあります。

 

仲介通貨としてブリッジの役割を果たしている

 リップルは「仲介通貨」として通貨と通貨の橋渡しの役割も果たしています。たとえば、日本から米国へ送金を行う際、リップルを利用すると……

円→リップル→米ドル
円→リップル→ビットコイン

 など、送金者は送金先の通貨にとらわれなくてもよく、受領者は都合のよい通貨で受け取ることができます。

 また、リップルのシステム内では、XRPを円、米ドル、ユーロといった法定通貨に換えることも、ビットコインやイーサリアムなどの他の仮想通貨への交換も可能です。

 

今後の展望

 リップルを一躍有名にしたのがGoogle社の資本出資のニュースでした。これは象徴的な出来事で、その後も世界中の企業がリップルと提携を始めています。

 2017年10月にはマイクロソフト会長ビル・ゲイツの慈善基金団体が、リップルの技術を利用し開発された、発展途上国の貧しい人々でも使用できる決済プラットフォームを公開、11月には米国の大手クレジットカード会社アメリカンエキスプレスがリップルの送金システム「RippleNet」に参加しました。

 日本では、三菱UFJ銀行が2018年から「RippleNet」を利用した国際送金を開始すると発表し、メガバンクや地方銀行など併せて56の銀行が参加する「内外為替一元化コンソーシアム(リップルを使った送金サービスを検討する会議)」の立ち上げも行われるなど、リップルに対する追い風が吹いているようです。

 今後もリップルと銀行や企業との間で行われる送金システム開発が順調に進んでいけば、リップルは経済インフラを支える重要な存在としてその主役に躍り出る可能性もあり、価値の高まりに期待が集まっています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「リップル」が経済インフラを根底からくつがえす?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「リップル」が経済インフラを根底からくつがえす?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。