お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
できるか?日経平均2万4,000円台キープ
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

できるか?日経平均2万4,000円台キープ

2018/1/23
・何と言っても1月18日(木)の取引時間に達成した2万4,000円台乗せ
・今週は、日経平均が再び2万4,000円台に乗せきることができるのかがポイント
・かぶせ線は、買いの勢いが弱まっていることを意味する
・かぶせ線の上抜け」という、買いサインに転じるパターンもある
・再び2万4,000円台に乗せる展開もありそうだが「扇型トレンド」の想定範囲内での値動きがメインシナリオ
・政府機関の閉鎖となった「つなぎ予算」、株価上昇のスピード調整、米国市場の動向に注意したい。
facebook twitter メールで送る 印刷

 先週末1月19日(金)の日経平均終値は2万3,808円でした。一週間の相場を振り返ってみて、最も印象に残ったのは、何と言っても1月18日(木)の取引時間に達成した2万4,000円台乗せです。週末までこの水準を維持することはできませんでしたが、週間ベースでは、前週末終値(1月12日の2万3,653円)から155円ほどの上昇を見せています。

 そして今週は、日経平均が再び2万4,000円台に乗せきることができるのかがポイントになるわけですが、まずは下の図1で足元の状況を確認していきます。

■図1 日経平均(日足)の動き :2018年1月19日取引終了時点

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 あらためて1月18日(木)の取引に注目してみると、始値の時点ですでに2万4,000円台を回復していました(2万4,078円)。その直後には高値である2万4,084円をつけたものの、以降は失速することになり、結局2万3,763円でこの日の取引が終了。前日比でも100円以上も下落しています。ローソク足の形を見ても、大きな陰線なのがわかります。

 せっかく、26年ぶりの2万4,000円台を突破した日のローソク足が、この節目をまたいだ陰線になったことはあまり良い形ではありません。また、日経平均は直前の16日(火)に2万4,000円台をトライした場面があり、この日のローソク足は陽線です。

 つまり、18日(木)の陰線が16日(火)の陽線に対して「かぶせ線」の格好になっているわけです。かぶせ線とは、ローソク足の組み合わせパターンのひとつで、下の図2にもある通り、陰線となった当日の終値が前日の陽線の実体の中心よりも安くなって重なり合っている状態を指します。

■図2 「かぶせ線」とは

 かぶせ線は、2本のローソク足を合成してみるとわかりますが、上ヒゲの長い線になるため、買いの勢いが弱まっていることを意味します。実態に、かぶせ線の出現が相場の天井になることは珍しくありませんので、一応、注意が必要なサインが出たことは認識しておくべきです。

 もっとも、「一応」と表現したのは、明確な売りサインではないためで、その理由のひとつに、「かぶせ線の上抜け」という、買いサインに転じるパターンがあるからです。具体的には、かぶせ線が出現し、しばらくもみ合いが続いた後に、前回の高値を上抜く大きな陽線が現れた状態のことです。(下の図3)。

■図3 「かぶせ線の上抜け」

 

 かぶせ線は弱気を示すサインですが、それでももみ合いで相場が崩れず、再び買いの勢いを取り戻して高値を上抜けたということで、かぶせ線の上抜けは強気のサインとなります。

 また、「節目の株価水準を超えたかと思えば失速」と言えば、直近の米国株市場でも同じような展開がありました。1月16日の米NYダウは上昇してスタートし、史上初の2万6,000ドル台に乗せる場面があったものの、その水準を維持できずに終値で前日比マイナスに沈んでしまいました。

 株価失速の背景には、年初からの急ピッチな株価上昇による過熱感や、節目水準の達成感などが考えられますが、これは日本株市場でも同様です。NYダウが2万5,000ドル台から2万6,000ドル台到達に要した日数は営業日ベースで8日間ですが、日経平均も2万3,000円台から2万4,000円台到達まではわずか10営業日でした。

 ただし、NYダウは翌17日には再び2万6,000ドル台に乗せ、先週末までその水準を維持しています。株価を再度押し上げた原動力は企業業績です。

 米国では一足先に先週から決算シーズン入りしていますが、日本国内でも今週から決算発表が増え始めます。業績期待や、日銀会合(22〜23日)後の黒田総裁の記者会見が安心材料となれば、日経平均が再び2万4,000円台に乗せる展開もありそうです。基本的には前回紹介した、「扇型トレンド」の想定範囲内での値動きがメインシナリオになります(下の図4)。

■図4 日経平均(日足)の「扇型トレンド」 :2018年1月19日取引終了時点 

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 ただ、注意したいのは米国市場の動向です。急ピッチな株価上昇に対するスピード調整への警戒はもちろん、米議会で可決できず、4年ぶりに一部政府機関の閉鎖となった「つなぎ予算」をめぐる動向など気がかりな材料も出ています。波乱含みの展開も想定しておく必要がありそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいできるか?日経平均2万4,000円台キープ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

できるか?日経平均2万4,000円台キープ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。