facebook twitter
米家電見本市では『AI』や『5G』に注目
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

米家電見本市では『AI』や『5G』に注目

2018/1/16
・今年のCESでは『AI』に注目!
・各社が『AI』を活用した商品・サービスを発表
・アマゾンとグーグルの2強を、中国・百度などが追いかける
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 1月9~12日、米ラスベガスで世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」が開催されました。CESは毎年1月にラスベガスで開催されており、当初は家電製品が展示の中心でしたが、最近ではインターネット関連や自動車関連などに対象が広がってきています。CESではその時代を反映する技術や製品が紹介され、今年は『AI』に関連する展示や『5G』が話題となりました。

 

【ポイント1】今年のCESでは『AI』に注目!

『AI』による音声アシスタント機能と連携する商品・サービスに注目

■今年のCESで話題となったのは『AI(人工知能)』です。『AI』はここ数年、囲碁の対戦でプロ棋士に勝利したり、自動車各社が『AI』を活用した自動運転技術の進化を競うなど、急速に拡大しています。

■こうした中、今年のCESでは『AI』による音声アシスタント機能と連携する商品・サービスが注目されました。例えば、音声アシスタント機能を搭載した「AIスピーカー」は、話しかけるだけでIoT(モノのインターネット)により連携する様々な商品やサービスを利用でき、CESでは多くの商品が展示されました。

 

【ポイント2】各社が『AI』を活用した商品・サービスを発表

『AI』の進展に不可欠と見られる『5G』にも注目

 

■『AI』の音声アシスタント機能を活用した具体例には、韓国のLG電子が米グーグルのグーグルアシスタントを搭載したテレビを発表したり、パナソニックが車載器に米アマゾン・ドット・コム(アマゾン)のアレクサを搭載することを発表したことなどが挙げられます。

■また今年のCESでは、次世代通信規格『5G』も注目されました。 『5G』は、現在の「4G」と比べて高速・大容量化が可能なことや、データのやり取りが瞬時に行われることで遠隔操作に適していることなどから、自動運転など『AI』の進展により可能となるサービスの実用化には不可欠と見られています。

 

【今後の展開】アマゾンとグーグルの2強を、中国・百度などが追いかける

■今年のCESでは、紹介された商品・サービスの多くが、アマゾンとグーグルの音声アシスタント機能を活用するなど、両社の存在感が示されました。一方、CESへの参加企業数を見ると、全体の約4,500社中1,500社超が中国企業となり、中国企業の参加は2011年の400社程度から約3倍となるなど、中国企業の存在感が高まってきています。なかでも、百度(バイドゥ)などは、中国政府の『AI』やビッグデータに関する国家戦略の後押しもあり、『AI』の開発などにおいてアマゾンやグーグルに迫ってきています。今後も、アマゾンとグーグルの2強に加え、中国企業などによる『AI』の開発動向と、それにより提供される新たな商品・サービスに注目です。

※個別の商品及び関連企業に言及していますが、これらを推奨するものではありません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米家電見本市では『AI』や『5G』に注目

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米家電見本市では『AI』や『5G』に注目

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。