facebook twitter
第9回無理なく資産運用を続けるために確認しておきたいこと
圦本 弘美
ママのための 資産運用はじめの一歩
株式会社FPフローリストのゆりもとひろみがお届けする、運用ビギナーのためのマネーコラムです。ジュニアNISAがスタートし、ママ達から運用の相談を受けることが多くなりました。「今さ…

第9回無理なく資産運用を続けるために確認しておきたいこと

2017/1/27
みなさまこんにちは。家計の窓口のゆりもとひろみです。今回は、資産運用を続けるためにぜひしておきたい、家計管理の方法についてお話いたします。
facebook twitter メールで送る 印刷

みなさまこんにちは。家計の窓口のゆりもとひろみです。今回は、資産運用を続けるためにぜひしておきたい、家計管理の方法についてお話いたします。

資産運用を始める前にしておきたいこと

一般家庭の家計の流れは、

  • 稼ぐ
  • 使う
  • 貯める
  • 増やす

という順番になります。

20~40代の一般世帯では、

  • 入ってきた収入のうち
  • 生活に必要な様々なことにお金を使い
  • 残ったお金を貯金に回し
  • そのうちの一部を運用に振り分ける

というステップを繰り返しています。

より理想的なスタイルとしては、②と③を逆にして、②貯めたい金額をまず貯金に回し③貯金差し引き分のお金で暮らす、ということを実行できている方もいらっしゃいます。

いずれにしても、「資産運用を始めたい、続けたい」と思う方は、①~③のステップを確認して、運用に回せるお金を確保し続ける仕組みをつくることが必要です。これをしておかないと、「運用商品の値段が暴落した!今こそ根性を入れて積立投資を続けるといいのよね」という時がきても、チャンスを逃してしまう恐れがあります。肝心な時に家計のお金が足りなくなって、運用が続けられなくなったり、一番値下がりした時に換金して生活費に充てないといけなくなったりする、という残念な事例を時々耳にします。

家計管理の目的

「資産運用は待てるお金で始め、続ける」のが、成功の重要要素です。「自分が毎月運用に回したいお金と、待てるお金が一致しているか」を整理しておくことで、行き当たりばったりではない資産運用を続けることができます。

家計の窓口に相談に来られるお客様の中には、家計管理にまつわる相談が結構あります。

「家計簿をつけていたのですが、なんだか毎月赤字で、イヤになってやめてしまいました」

「結婚することになったので、自分と彼のお金をどういうルールで管理すればよいですか?」などなど。

ファイナンシャルプランナーの立場では、家計管理と家計のやりくりは全くべつものです。家計管理は「努力を伴うやりくりをすること」ではなく、「家計の内容をカンタンに把握できるような仕組みをつくること」なんです。そして家計管理の方が、未来設計をしていくうえでは重要です。

具合が悪くてお医者さんに診てもらう時に、「どういう風に具合が悪いのか、分かりません」では、お医者さんは原因が分からなくて、健康になるための正しい診断を出せません。同じように、貯蓄や運用資産を増やしたいのであれば、家計の現状を大まかで良いので「見える化」しておきたいものです。具体的には次の3つの数字が頭に入っている状態です。

家計管理で押さえる数字は、3つだけでいいんです!

前述の①稼ぐ金額を、自由に増やせるという方は少ないため、みなさんの心がけでコントロールしやすいのは、②いくら使っているのか③いくらコンスタントに貯められるのか、の2項目です。これらを把握するために、家計管理が必要になってきます。

  • 1年間にいくらのお金が家計に入ってきているか(手取り年収)
  • 1年間に全部でいくら使っているか(支出)
  • 1年間に(運用益含めて)いくら貯められたか(貯蓄)

これが、みなさんがライフプランや運用プランをつくる上で、一番大切な数字です。

3つの数字は、実は年に1回、ちょっとした作業をするだけで把握することができます。

  • 手取り収入の把握⇒通帳に記帳された入金(給与・手当等)を全部合計する
  • いくら貯められたか⇒1年前の残高(預貯金・証券口座・貯蓄性保険の積立額など)との差額を出す
  • いくら使ったか⇒手取り収入から年間貯蓄額を差し引くと算出できます

(例)「うちは手取りで500万円入ってきて、そのうち420万円使っていて、去年貯蓄できたのは約80万円です」

これくらいの精度で充分ですので、今3つの数字の検討がさっぱりつかない、という方は、上記の作業をして3つの数字をだしてみることから始めましょう。そこから、「毎年、無理なく運用に拠出できる金額」=「待てるお金」を割り出して運用に回すことが、意外と大切な運用成功のための要素になります。このコラムを読んで、すぐに家計の3つの数字を答えられなかった方は、ちょっと時間を取って、家計管理をして見て頂ければ幸いです。

ライフプランを実現したい方や運用を始めたい方向けに、様々な相談メニューをご用意しています。

FPに相談して家計の「困った」を解決!家計の窓口

http://kakeinomadoguchi.com/

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
老後破綻
桐谷広人
今月の10万円株
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第9回無理なく資産運用を続けるために確認しておきたいこと

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第9回無理なく資産運用を続けるために確認しておきたいこと

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
はじめての下落相場と損
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
老後破綻
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
インタビュー
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。