お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
『FOMC議事要旨』、金融環境はなお緩和的
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

『FOMC議事要旨』、金融環境はなお緩和的

2018/1/8
・潜在成長率を上回る成長を持続
・緩やかな利上げの継続を示唆
・緩やかな利上げであれば、市場への影響も限定的だろう
facebook twitter 印刷する

<今日のキーワード>

 2017年12月12日~13日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が、18年1月3日に公表されました。今回の『FOMC議事要旨』によれば、潜在成長率を上回る成長が続き、労働需給が引き締まってきたことから、利上げが妥当と判断したもようです。金融環境がなお緩和的であるため、今後も利上げは継続されると見られますが、インフレの落ち着きを踏まえると、その速度は緩やかなものにとどまりそうです。

 

【ポイント1】潜在成長率を上回る成長を持続

労働需給も引き締まってきており、利上げが妥当と判断したもよう

■今回、公表された『FOMC議事要旨』によれば、「米経済は潜在成長率(インフレやデフレを引き起こすことなく、中長期にわたって持続が可能な経済成長率)を上回るペースで拡大を続けており、労働需給は一段と引き締まってきている」との判断に基づき、0.25%の利上げを決定しました。

■利上げの決定に対しては、「インフレ率が目標の+2%により接近するまで利上げは控えるべき」と主張して、2票の反対票が投じられました。実際、米連邦準備制度理事会(FRB)が重視する個人消費コアデフレーターの上昇率は、直近2017年11月時点で前年同月比+1.5%にとどまっています。

 

【ポイント2】緩やかな利上げの継続を示唆

今回の利上げ実施後も、金融環境は依然、緩和的と見られる

 

■インフレについては、「最近の下振れは一時的要因によるところが大きく、中期的には労働需給が引き締まってくるとともに目標とする+2%に向けて上昇する」との見方が大半を占めました。

■今回のFOMCで利上げを実施した後も、「金融政策のスタンスは依然として緩和的と見られる」こともあり、「大半の参加者が緩やかな利上げの継続を支持」しました。

 

【今後の展開】緩やかな利上げであれば、市場への影響も限定的だろう

■17年12月のISM製造業指数が市場予想の58.2を上回る59.7となるなど、足下の米国経済は順調に推移しています。今後は減税効果の発現も見込まれること等から、利上げは継続される可能性が高いと考えられます。ただし、賃金・物価の上昇率が緩慢なため、利上げのペースは緩やかなものにとどまると予想されます。

■『FOMC議事要旨』発表後の米国市場では、議事要旨の内容が概ね想定されたものだったことから、債券、株式、米ドルへの影響は限定的なものにとどまったもようです。ただ、同日公表された12月のISM製造業指数の内容が強かったこと等を受けて、株価、米ドルは小幅に上昇しました。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください『FOMC議事要旨』、金融環境はなお緩和的

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

『FOMC議事要旨』、金融環境はなお緩和的

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。