facebook twitter
2018年へ向けた「餅つき相場」の地合いは良好?
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

2018年へ向けた「餅つき相場」の地合いは良好?

2017/12/25
・週足ベースでは3週ぶりの上昇
・TOPIXは失速した日経平均とは異なり、週末にかけて3日連続で年初来高値を更新
・中小型株やIPO株、テーマ株などへの物色動向に注目
・2万3,000円の壁に再度トライするのであれば今週がラストチャンス
・2018年へ向けた餅つき相場は、荒れる相場展開への警戒が必要
facebook twitter メールで送る 印刷

 先週の国内株市場ですが、週末12月22日(金)の日経平均は2万2,902円で取引を終え、週足ベースでは3週ぶりの上昇となりました。

 また、前週末の終値(2万2,553円)からの上げ幅が349円と比較的大きくなっていることを考えると、「掉尾の一振(とうびのいっしん)」と呼ばれる年末株高への期待も膨らみそうですが、実際に足元の相場にそれほどの高揚感があるかについては微妙な点もあります。

 では早速、いつもの通り足元の相場状況から確認していきます(下の図1)。

■(図1)日経平均(日足)の動き (2017年12月22日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 

 先週の日経平均の値動きを振り返ってみますと、週初に節目の2万3,000円台をトライするものの、達成できずに失速する格好となりました。「上昇後に失速」という、前週と同じようなパターンを描いたわけですが、週を通じて5日移動平均線が株価のサポートになっていることや、ローソク足の並びも前週は陰線が多かったのに対し、先週は陽線の方が多くなっています。

 また、前回「トレンドに変化が出るかもしれないので注意したい」と指摘した、TOPIXにおけるMACD(移動平均収束発散法)がシグナルを下抜けるクロス(デッドクロス)の出現ですが、こちらも実現することなく持ち直したことも明るい材料です(下の図2)。

■(図2)TOPIXとMACD(日足)の動き (2017年12月22日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 

 ちなみに、TOPIXは失速した日経平均とは異なり、週末にかけて3日連続で年初来高値を更新しています。

 以上を踏まえると、先週の相場のムードは前週からかなり改善したと捉えて良いと思います。

 そして、泣いても笑っても2017年相場は今週末で大納会を迎えます。

 今週はクリスマス休暇などで海外投資家を中心に株式市場への参加者も限られ、薄商いになるという予想が多いようです。また、ここ2週間あまり、一日の取引でプラス圏とマイナス圏を行き来する展開が続いていることもあって、引き続きレンジ相場で方向感に欠ける中、中小型株やIPO株、テーマ株などへの物色動向に注目というのが一応のメインシナリオです。

 ただし、視点を再び図1に戻すと、三角保ち合いへの意識が変化しつつある点に留意する必要があります。

 上の図1にもあるように、日経平均は上値の切り下がりと下値の切り上がりで形成してきた保ち合いを突破(上放れ)したものの、上値を伸ばすことなく下向きの上限の線に沿って推移していましたが、先週の値動きが加わることによって、今度は上値の線が2万3,000円水準でフラットな新たな三角保ち合いが描かれつつあるような印象です。

 2万3,000円の壁に阻まれるのは12月に入って3度目ですが、再度トライするのであれば今週がラストチャンスになります。また、三角保ち合いの形としては、上値の重さは水準が切り上がった分だけやや改善といった程度ですが、下値の線の切り上がりについては、その角度がより急になっています。

 つまり、保ち合いの幅が狭まっているため、上方向にも下方向にも保ち合いを抜ける可能性が高くなっています。そのため、小動きのメインシナリオに対して、値動きが意外と大きくなるサブシナリオも考慮に入れておいたほうが良いかもしれません。とりわけ、上方向については前回も指摘した通り、2万3,000円台乗せは大きな意味を持っていますので、達成できれば意外高もあるかもです。

 年末が近づき、取引参加者が減少すると、ちょっとした材料や手仕舞い売り、新年相場への期待感などが絡んで、思ったよりも株価の値動きが大きくなることがよくあり、よく「餅つき相場」と呼ばれます。相場の値動きの様子をペッタン、ペッタンと杵が上下する動きに例えた表現ですが、テクニカル分析的にも、三角保ち合いのレンジ放れが近づきつつあるタイミングでもあるため、2018年へ向けた餅つき相場は、荒れる相場展開への警戒が必要になりそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください2018年へ向けた「餅つき相場」の地合いは良好?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

2018年へ向けた「餅つき相場」の地合いは良好?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。