facebook twitter
中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))

2017/5/10
BOCIは中国聯通グループの混合所有制改革(民間資本受け入れでコーポレートガバナンスや経営効率の改善を図る改革)や経営戦略に関して詳細が明らかになるにつれ、チャイナ・ユニコムの短期的な業績改善と長期の収益成長について、市場の信頼感が高まるとみている。
facebook twitter メールで送る 印刷

グループの混合所有制改革が始動へ、ネット企業との提携が成長エンジンに

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00762 中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))  10.38 HKD
(05/10現在)
 株価
 企業情報
 チャート

BOCIは中国聯通グループの混合所有制改革(民間資本受け入れでコーポレートガバナンスや経営効率の改善を図る改革)や経営戦略に関して詳細が明らかになるにつれ、チャイナ・ユニコムの短期的な業績改善と長期の収益成長について、市場の信頼感が高まるとみている。引き続きチャイナ・ユニコムを通信セクターのトップピック銘柄に据え、株価の先行きに対して強気見通しを継続した。

チャイナ・ユニコムの実質的支配株主である中国聯合網絡通信集団有限公司(中国聯通集団)の混合所有制改革は、3月に開かれた全国人民代表大会(中国の国会に相当)と全国政治協商会議の場で唯一、政策方針の一つとして提示された経緯があり、将来的な国有企業改革の実施に向けた先例とも言えるケース。具体的にはチャイナ・ユニコムの親会社であるA株上場企業、中国聯合網絡通信(600050)が新株と既存A株を戦略投資家に割り当てる計画となっている。BOCIはこの計画において旧株を売り出すこと自体、複数の国有企業が戦略パートナーに選ばれる可能性が高いと指摘。これにより、国有資本の割合を50%超に維持し、20%強の新株を民間資本に割り当てる可能性があるとした。一方、中国広播電視網络(Radio and Television Group)との資本提携の可能性に関しては現在、政府当局が審査中。仮に実現すれば、長期的な差別化や優良コンテンツの確保において優位に立つ可能性が高い。

事業面から見ると、チャイナ・ユニコムは有力インターネット企業と組むことで、“オンライン配信”に軸足を置きはじめている。経営陣によれば、提携先のテンセント(00700)やアリババグループに合わせる形で、ITオペレーション支援システムのアップグレードを推進中という。テンセントとアリババはチャイナ・ユニコムに対し、それぞれ4G加入者約2000万件、中小企業を中心とする300万の加入者をもたらすなど大きく貢献しており、BOCIはこれがチャイナ・ユニコムの利益成長エンジンになるとの見方。販売費やマーケティング費を抑えつつ、データ利用の伸びが期待できるとしている。

一方、チャイナ・ユニコムはネットワーク投資を東部沿海地域に集中させており、内陸の西部地域ではIoT(モノのインターネット)などの新技術が、通信キャリア間のネットワーク共同運営を促し、通信キャリア各社の設備投資リターンが改善する見込み。

BOCIによると、レーティング見直しにつながる可能性がある同社の潜在リスク要因は、混合所有制が思わしくない結果を生むこと。仮にそうなれば現在の強気の利益見通しが変化し、株価に影響する可能性が高い。

BOCIはトップピックを維持した理由として、◇グループの混合所有制実施、◇前年実績の低さから、この先の収益成長ペースが業界平均を上回る見通し、◇中国鉄塔股フン有限公司のIPOによるオプション価値が相対的に高い――の3点を指摘している。

 

本資料で提供されている情報について、BOCIインターナショナル(バンクオブチャイナインターナショナル)およびその関連会社・子会社(以下総称してBOCI)、T&Cフィナンシャルリサーチ社ならびに当社が情報の完全性、確実性を保証するものではありません。本資料は、掲載されているいかなる銘柄についても、その売買に関する申し出あるいは勧誘を意図するものではありません。銘柄の選択、売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本資料に掲載されているBOCIの見解は、各投資家の状況、目標、あるいはニーズを考慮したものではなく、また特定の投資家に対し特定の銘柄、投資戦略を勧めるものではありません。また掲載されている投資戦略は、すべての投資家に適合するとは限りません。

本資料でバリュエーション、レーティング、推奨の根拠、リスクなどが言及されている場合、それらについて十分ご検討ください。過去のパフォーマンスは、将来における結果を示唆するものではありません。見解や評価はBOCIの本資料発表時点での判断であり、予告なしに変更されることがあります。

BOCIは本資料で言及されている銘柄について自己勘定取引を行ったことがあるか、今後行う場合があり得ます。また、引受人、アドバイザー、貸し主等となる場合があり得ます。

本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますのであらかじめご了承ください。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

掲載されているレポート等は、アナリストや情報提供会社が、独自に銘柄等を選択し作成したものであり、楽天証券が銘柄を指定し対価を支払って特別に作成させたものではありません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。