お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
実践者が語る「資産運用のきっかけ」TOP5
東証マネ部
東証マネ部発 投資とお金のコラム
東京証券取引所のメディア「東証マネ部」から個人投資家アンケートやこれから投資をはじめる人のための記事をピックアップしてお届けします。

実践者が語る「資産運用のきっかけ」TOP5

2017/11/22
資産運用をすでに実践している人たちはどの程度いるのだろうか?30~40代の男性会社員500人にアンケート調査を行った。
facebook twitter メールで送る 印刷

 ニュースで近頃よく耳にする「老後破産」なる言葉。年金がアテにならないといわれて久しい昨今、幸せな晩年を過ごすためにもしっかりと資産運用を考える必要はありそうだ。とはいえ、難しそうで食指が動かない人も多いはず。すでに実践している人たちはどの程度いるのだろうか? 30~40代の男性会社員500人にアンケート調査を行った。(東証マネ部!・R25調べ/協力:アイリサーチ)

 

あなたは現在、資産運用を行っていますか?

 なんと、全体の60%以上がすでに資産運用を始めているとの結果。では、実践者たちを突き動かした“資産運用のきっかけ”とはどのようなものだったのだろうか。

 

資産運用を始めた理由TOP5

注:最も強い動機となった理由上位3つを回答 1位3pt、2位2pt、3位1ptで集計

「年金がどうなるかわからないから」(45歳)といった、将来への不安をきっかけに始めた人が多い。続く2位については「家の建て替えのため」(40歳)、「脱サラするため」(46歳)など、将来の目標に向けてという回答。3位には「銀行の金利が雀の涙だったから」(37歳)と超低金利時代を理由に挙げる声が。

 ただ、一口に資産運用といっても、その方法は王道の「株式投資」から、堅実な「定期預金」、最近注目されている「ETF(上場投資信託)」まで幅広い。現在実践している305人に対し、実際にどのような方法で資産運用を行っているかを聞くと、以下のような結果となった。

 

現在行っている資産運用TOP10

注:複数回答

 資産運用と聞いて思い浮かべる人も多いであろう「株式投資」がトップに。2番目に多かったのは、リスクが低く堅実な方法といえる「定期預金」。3位は「投資信託」となった。

ただ、必ずしもプラスになるわけではなく、大きなリスクも伴う資産運用。実践者たちは運用してみて、どのように感じているのだろうか。過去に資産運用を行っていた22人を含む327人に率直な質問を投げかけた。

 

あなたは資産運用を始めてよかったと思っていますか?

●「はい」の意見
※カッコ内、年齢の後ろは実際に行っている・行っていた資産運用方法
「利益が出ているから」(31歳・株式投資/FX/投資信託/外貨預金/定期預金)
「着実に資産が増えているから」(45歳・株式投資/投資信託/定期預金)
「利益がおこづかい代わりになっているから」(43歳・株式投資/金・銀・プラチナ投資)

●「いいえ」の意見
「大変な損失を被っているので」(39歳・株式投資/定期預金)
「思うようにプラスにならない」(49歳・株式投資)
「売買など管理も面倒」(40歳・株式投資/投資信託)

 実に全体の80%近くが「資産運用を始めてよかった」と回答。そのなかには「儲かっている」といった単純な理由以外にも「経済ニュースに敏感になれる」(33歳)と、社会人として有益な効果を挙げる声や、「友達が増えた」(37歳)と意外な恩恵を受けたという意見もあった。一方、「いいえ」と答えた人のなかには「神経使って毛が抜けた」(49歳)という悲しい回答も…。

 多くの人がすでに資産運用に取り組んでいることが判明した今回の調査。将来のことを考えれば、始めるのは少しでも早い方がいいはず。さっそく冬のボーナスから、運用方法を考えてみては?(児玉裕紀/verb)

記事提供元

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください実践者が語る「資産運用のきっかけ」TOP5

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

実践者が語る「資産運用のきっかけ」TOP5

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。