facebook twitter
中国石油セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国石油セクター

2017/11/1
中国の石油メジャー2社、ペトロチャイナ(中国石油天然気:00857)、シノペック(中国石油化工:00386)は10月30日に2017年7-9月期決算を発表する予定
facebook twitter メールで送る 印刷

10月23日:石油メジャーの2017年7-9月期決算、ペトロチャイナは前期比で大幅減益見通し

 中国の石油メジャー2社、ペトロチャイナ(中国石油天然気:00857)、シノペック(中国石油化工:00386)は10月30日に2017年7-9月期決算を発表する予定だ。BOCIによれば、ペトロチャイナはこれまでの原油価格の回復を受け、前年同期比で大幅増益を達成するとみられるが、前期比では逆に大幅減益となる見込み。一方、石油精製最大手シノペックの同期純利益は前年同期および前期を小幅に上回る見通しという。

 まずペトロチャイナの7-9月期純利益について、BOCIは中国会計基準、国際会計基準でいずれも前年同期比168%増の32億元を見込む。ただ、前期比では、主に川上事業の業績悪化が響いて54%の減益となる見通しという(中国および国際会計基準)。事業別では、4-6月に50億元の営業利益を計上した川上の探査・生産(E&P)部門が、7-9月には17億元の営業赤字に転落すると予想(国際会計基準、以下同じ)。その主因として、原油実勢価格の前期比推定7%の低下を挙げた。一方、石油精製部門の営業利益は前期比44%増の79億元に上る見込み。7月後半からの原油価格の上昇を受け、国家発展改革委員会が8月初めと9月半ばに2度、ガソリンおよびディーゼル油値上げを実施したことで、1バレル当たり利益が約1.4米ドルの幅で上向く見通しという。このほか、化学部門の営業利益については前期比横ばい、石油販売部門に関しては同15%の営業減益を予想。さらに天然ガス部門については輸入損失の増加を受け、営業利益が前期比44%減の23億元にとどまるとみている。

 また、ペトロチャイナの2017年1-9月期決算について、BOCIは純利益が前年同期比818%増の159億元に上ると予想。大幅増益の理由として、前年同期比での原油高を受けたE&P部門の業績改善や実効税率の低下、さらに少数株主権益の低下を挙げた。

 一方、シノペックの7-9月期純利益について、BOCIは国際会計基準で前年同期比5%増、前期比では微増となる108億元を見込んでいる(中国会計基準では同4%増、同1%減の103億元)。前期比では26%の営業増益が見込まれるものの、所得税率の正常化(前期の15%から25%に上昇)が相殺する見通しという。事業別では、E&P部門の営業赤字が前期比16%減の105億元に縮小すると予想。原油実勢価格が7%安の1バレル当たり42.8米ドルにとどまる半面、前期に35億元に上った減損損失の消失が部門赤字の縮小に寄与するとみている。また、精製部門の7-9月期の営業利益は利幅改善を受け、前期比47%増の186億元に上るとの見方。その理由として、8月、9月の石油製品価格の値上げを挙げた。このほか、販売部門、化学部門の営業利益については、それぞれ前期比23%減の57億元、同11%増の40億元を予想している。

 シノペックの1-9月期純利益について、BOCIは前年同期比28%増の387億元を予想。同10%の営業増益や、系列会社・合弁会社の持ち分利益の同68%増などが寄与する。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
老後破綻
桐谷広人
今月の10万円株
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国石油セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国石油セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
はじめての下落相場と損
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
老後破綻
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
インタビュー
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。