facebook twitter
中国自動車セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国自動車セクター

2016/12/16
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

12月16日
「小型車減税」17年末まで延長、減税幅縮小も販売堅調見通し

中国の財政部および税関総署は15日、排気量1600cc以下の小型乗用車を対象とした減税措置を2017年末まで1年間延長すると発表した。もともと同措置の期限だった16年末までは車両取得税を5%に引き下げるが、17年には7.5%に変更する形で減税措置を継続。18年に本来の税率である10%に戻す。減税幅を縮小させながら減税措置そのものを延長するとの発表は、BOCIの事前の予想通り。中国当局は景気刺激策を進めていた2009-10年当時も、小型車減税に関して同じ手法を取ったことがあった。

小型車の車両取得税率は年明けに5%から7.5%に上向くが、BOCIによると、これに伴う購入コストの増加率は2.1%と、取得費用全体を考えた場合の負担増は限定的。中期的には小型車の売れ行きに与える影響は軽微にとどまる見通しという。ただ、ここ数カ月は16年末の減税措置の終了を睨んだ駆け込み購入がかなり鮮明であり、17年初めには反動減もあり得るとしている。

この減税措置は実際、1600cc以下の小型車の販売増に大きく寄与し、乗用車カテゴリーの構造を変えた。16年1-11月には小型乗用車の販売台数が前年同期比21.9%増加する半面、1600ccを上回る中・大型乗用車の販売台数はわずか2.5%増。これにより、小型車のウエートは71.9%(15年は68.6%)に上向いた。中でも減税による恩恵が最も大きかったのは小型SUVで、1-11月のSUV販売全体に占める小型車の比率は前年同期を10.6ポイント上回る54.6%。セダン、MPVに関しても、販売全体に占める小型車の割合がそれぞれ5.1ポイント、4.4ポイント上昇し、80.1%、87.8%に達した。

BOCIは減税幅の縮小や駆け込み需要を受けた17年初めの反動減を見込みながらも、過去の減税時の経緯やメーカー各社の新型車開発努力などに言及し、小型車市場に対するマイナス影響は限られるとの見方だ。乗用車販売全体に関しても、17年に約6%の安定成長見通しを示した。ただ、減税措置がなくなる18-19年に関しては新車市況が悪化する可能性を指摘。小型車減税に続く新たな支援措置が導入されなければ、前年実績割れもあり得るとしている。なお、小型車を対象に同種の減税措置が行われていた09-10年当時を振り返ると、この2年間の新車販売台数は前年比52.9%増、33.2%増。減税終了後の11年、12年には5.2%増、7.1%増と急減速した経緯があった。

個別メーカーに対する影響はそれぞれの小型車依存度によって異なるとみられ、相対的に大きな影響が見込まれるのは小型車のウエートが大きい中国地場系メーカー。BOCIによると、中でも長城汽車(02333)が最も税率引き上げによる影響を受けやすく、以下、広州汽車集団(02238)の自主ブランド車種、北京汽車(01958)、長安汽車(深センA株000625)、吉利汽車(00175)が続く。一方、中外合弁メーカーに関しては日系より欧米系、韓国系ブランドが相対的に大きな影響をうける可能性が高いという。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国自動車セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国自動車セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。